お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

正直イライラ。お節介を焼く人の心理とかわし方

笹氣健治(心理カウンセラー)

正直イライラ。お節介な人のかわし方

もしお節介な人に目をつけられてしまったら、いったいどうすればいいでしょうか?

うかつなことを言うとかえって厄介なことになりかねません。お節介な人のかわし方は非常に難しいのですが、ケース別に対応例を紹介しますので参考にしてください。

ケース1:余計なアドバイスをされるとき

「ここはこうしたほうがいいよ」「あれはもうやった?」「そういうときは○○すべきよ」といったように、何かにつけて口出ししてくるケース。何度も何度も言われてうんざりするかもしれませんが、気持ちをぐっとおさえて適当に受け流すのがベターです。

「いつもアドバイスありがとうございます!」と、表面上は素直に聞いているように見せておいて、実際は自分の考える通りにやればいいのです。

言ったほうも本当にその通りにやったかどうかまではなかなかチェックしないもの。もしチェックされそうな事案があれば、それだけは言われた通りにやっておくといいでしょう。

真面目に相手をしようとするからストレスになります。「また雨が降ってきた」くらいの気楽な気持ちで受け流すことをめざしましょう。

ケース2:一挙手一投足を見られているとき

まるで試験監督のようにじーっと観察されていて、もし何かで困った顔をしようものなら「どうしたの?」とパッと飛んでくる。「ストーカーか!」「どれだけヒマなの?」とツッコミたくもなりますが、それなら実際にツッコミを入れてみましょう。

ただし、心の中だけで、です。

表面上は適当に合わせて、心の中で思いっきりツッコミを入れるのです。ツッコミがうまくなりすぎて漫才師にスカウトされたらどうしよう、など「我ながらバカなことを考えるなあ」と思えたらしめたものです。

ストレスは笑いで緩和されます。

嫌だなあと暗い気持ちになったときこそ、鼻でフッと自分でも笑ってしまうような冗談めいたことを考えるように意識してみてください。きっと気分が軽くなるはずです。

ケース3:ネチネチ指摘されたとき

「また同じミスをしたの?」「いつまで時間かかっているの?」「どんくさいわね」といったような批判的なことを言って頻繁に絡んで来るケースです。

このときもお節介な人への基本対応である「相手にしない」ことを念頭に対処しましょう。

表面上は「申し訳ありません」「すみません」「今後は気をつけます」と当たり障りのないことを言ってその場をしのぎます。

一番大切なのは自分の心のケアです。

批判的なことを言われると、多くの人は自己否定に走ります。「なんて自分はダメな人間なんだろう」と相手の批判を真に受けてしまうのです。

もちろん反省は必要ですが、あまりクヨクヨして引きずるのはよくありません。

人間は誰もがミスをするものです。次回からは気をつければいいだけです。「誰だってミスをする」「慣れれば、みんなのようにもっと早くできるようになる」といった言葉を心の中で何度も唱えて、早く気持ちを切り替えるようにしましょう。

ケース4:なんでも代わりにやってくれるとき

仕事を後輩に任せず自分で処理してしまうお節介な先輩。「自分でやったほうが早くて確実だから」と思っているのかもしれません。

そんなにやりたいんだったら、思う存分やってもらいましょう。こちらはかえって楽になるだけで、困ることはあまりありません。

ただし、ひとつだけ困る瞬間があるとすれば、その先輩がいなくなって自分がやらなければならなくなったときです。やらせてもらえなかったために、その仕事のやり方がわからず、いざ自分でやろうとしたら苦労する可能性があります。

でも、そのときはそのときです。ほかの誰かに聞けば、きっとなんとかなるでしょう。そう考えれば、相手のお節介な態度もそんなに気にならなくなるはずです。

お節介な人のことで悩む必要はない!

お節介な人が身近にいる一番の問題は、こちらがストレスを抱えてしまうことです。

どんな意図があったとしても、その人なりによかれと思ってやっていることなので、その善意だけ受け止め、自分に役立つ部分は活用し、そうでない部分はスルーして、ストレスをためこまないようにしましょう。一生お付き合いするわけでもないでしょうから、うまく受け流せばいいだけのことです。

(笹氣健治)

※画像はイメージです

※この記事は2020年01月13日に公開されたものです

笹氣健治(心理カウンセラー)

メンタルトレーナー・心理カウンセラー
1967年生まれ。国際基督教大学を卒業後、NTT(東京支社)に入社。その後、地元の仙台に戻り、スポーツクラブ「グラン・スポール」の経営に携わる。企業を経営する上で人間心理を理解する必要性を痛感して心理カウンセリングを学び、現在は、ストレスやコミュニケーション問題の解消をテーマにした講演やカウンセリング、目標達成のためのメンタルトレーニングを行っている。『「やる気」のある自分に出会える本』(スリーエーネットワーク)、『仕事の悩みを引きずらない技術』(PHP研究所)など、著書19冊。

この著者の記事一覧 

SHARE