お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

好きだけど話すことがない。好きな人や彼氏と話すことがないときとは

浅田悠介(浅田さん@令和の魔法使い)

LINEや電話でも! 話すことがないときの対処法

では本題に入りましょう。

好きな人や彼氏と話すことがないときは、どう対処すべきなのか解説します。ぜひ役立ててください。

好きな人編

まずは好きな人の場合です。

(1)緊張していることを伝える

緊張はなくそうとして消せるものではありません。

だからこそ「なんか緊張しますね」とあえて伝えてしまいましょう。自分で認めてしまうのです。相手と共有してしまうのです。

口にすることでその緊張はきっと和らぐはず。自分の状態を正直に伝える、というのは、ときに大事なことなのです。

(2)踏みこんだ会話をする

やはり踏みこんだ会話こそ盛り上がります。

いわば深い話です。ご存じのように、どんどん話題が浮かびます。人生で感じたことや、恋バナなど……。あまり誰にもしないような話をするのがコツです。

例えば「最近、熱中してるものはなんですか?」という質問もオススメです。相手の大事にしているものを引きだすことができます。好きなものを語るときは饒舌になるものですから。

必ず役立つ台詞です。覚えておいてください。

(3)退散する

無理して会話を続けようとその場に踏みとどまる必要はありません。変なことを口走って、彼に嫌われてしまうというリスクも考えられます。沈黙に、彼が居心地の悪さを覚える恐れも。

その日は退散して、また次のタイミングに移るのがベストということもあります。

(4)沈黙を大事にする

沈黙を大事にしてみることもひとつです。その時間を大切なものとして感じましょう。

相手は落ち着いた人なのかもしれません。案外「居心地がいいな」と感じている可能性もあります。

貴女もまったりすることで波長が合うことをアピールしましょう。

彼氏編

続いては彼氏の場合です。彼氏の場合、沈黙に居心地の悪さを感じないのであれば、そのままでいいでしょう。良好な関係が築けていると考えていいと思います。

ただ、どうにも会話が止まることが苦しい、耐えられないと感じる人は以下のようなことで対策してみてください。

(1)どうしたらいいかをたずねる

付き合っているからには悩みを打ち明けるべきかもしれません。

「あなたのことは好きだけど、会話が続かないことに悩んでいるの。どうしたらいい?」

そんなふうに素直に彼を頼ってみてはどうでしょう。案外、簡単に解決するかもしれませんよ。

(2)相手の話を広げる

会話はキャッチボールです。

相手ばかりに「楽しませてくれる会話」を期待するのも酷というものです。次第に疲れてしまうでしょう。こちらも相手を「楽しくする会話」をすること。

例えば「そうなんだ」「へえ」「ふうん」で終わらずに「それで?」「どんなふうに?」「詳しく教えて」と次のボールを投げるようにしましょう。

(3)「何かあったの?」と質問する

何かがおかしいなら原因を探るしかありません。

原因を探るには「何かあったの?」と相手にたずねるしかありません。どんな答えが返ってくるかはわかりません。しかし冷静に対処しなくてはならないでしょう。

打ち明けてくれた相手に感謝するのも忘れないようにしましょう。

(4)新しい場所に行く

マンネリしている可能性もあります。

いつも同じ場所で、同じような食事をしているのかもしれません。ときには遠出したり、新しいチャレンジをしましょう。世界は話題になるものに満ちていますよ。

好きな人と話すことがないときは自分の心を見つめなおすとき!

いかがでしょう。

いちばん多い原因は、シンプルに「好きだから緊張している」だと思います。

「好きな人と話すことがない」のでなく「好きな人を前に自分が話せる状態にない」のかもしれませんね。

例えば、家族や友人とは、いくらでも喋れると思うんです。基本的に、気心が知れている人とは話すことが尽きないものです。

だから、ちょっとだけ、心をおちつけましょう。少なくとも、おちついたふりをしましょう。肩の力をぬいて、リラックスして。

自然体の貴女も美しいと思いますよ。

貴女の人生がより良くなるように祈っております。

(浅田悠介@令和の魔法使い)

※画像はイメージです

※この記事は2019年12月20日に公開されたものです

浅田悠介(浅田さん@令和の魔法使い)

マジシャン&ライター&催眠心理療法士

心理、恋愛、コミュニケーション系を得意とする。多数執筆。なかでもDRESSの連載「読むだけでモテる恋愛小説・わたしは愛される実験をはじめた。」が多くのファンを集めている。

Twitterにて恋愛論やテクニックを発信中。
Twitter:@ASD_ELEGANT

この著者の記事一覧 

SHARE