お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「寝落ち通話」にハマる人の心理と電話を切るタイミング

やうゆ(恋愛コラムニスト)

寝落ち通話の上手なやり方

寝落ち通話の魅力に気づいてしまったのではないですか? 自分もやってみたい! となっていませんか?

そんなあなたに、寝落ち通話の上手なやり方やポイントを紹介しましょう。

1.気心知れた相手と通話する

寝落ち通話をするときは、気心知れた相手と通話しましょう!

アプリで適当につかまえた人やあまり仲がよくない友達と寝落ち通話しようとしても、気をつかってしまい、安心して寝落ちできません。

恋人や親友など、お互いに寝落ちしても許し合える関係性の相手と通話しましょう。

寝落ちしてもお互いに気にならない相手と楽しむのが一番のポイントです。

2.通話が無料のアプリを使う

寝落ち通話は、必ず通話代が無料のアプリを使ってください。

アプリを使わず寝落ち通話をした場合、携帯料金が半端なくかかってしまいますよ!

僕が高校時代、ネットゲームで知り合ったゆいちゃん(仮名)と寝落ち通話をした際、8時間くらい通話したままになったのですが、その月の携帯料金が5万円を超えてしまいました。

寝落ち通話は、LINEやカカオトークといった通話代が無料のアプリを使いましょう!

3.イヤホンを使う

寝落ち通話をするときは、イヤホンを使うといいですよ!

イヤホンを使わずにスマホに顔をつけたままだと、手が疲れて寝落ちどころじゃないし、ディスプレイが皮脂まみれになって凹みます。長い間電話してるとスマホ画面熱くなりません?

イヤホンを使うことで、通話しながらスマホをいじれますし、楽な体勢で話せますよ!

イヤホンを使って、快適に寝落ち通話しましょう!

次ページ:朝まで? 電話を切るタイミングはいつ?

SHARE