お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム 出会い

悪い男は「ディスり」で主導権を握ってくる #悪い男の恋愛ブラックファイル

浅田悠介(浅田さん@令和の魔法使い)

幸せな恋愛をするためには「悪い男に捕まらないこと」が一番大事。この連載では、恋愛を語る奇術師・浅田さんが、悪い男たちの恋愛手口を紹介します。

お嬢さん。

幸せな恋愛をゲットするための、たったひとつの冴えたやり方をご存じでしょうか?

それは「悪い男に捕まらない」こと。

いいですか?

この世には、貴女の心と身体を奪おうとする獣や悪魔がたくさんいます──いま、この画面を読みながら想像したよりもずっと。この連載では、そんな「悪い男」の手口を紹介していきます。

それをどうか心の中にファイルしてください。危ない色のファイルですが、いつか役に立つときがくるはずですから。

本日の恋愛ブラックファイル

「え、ドジすぎない?」
「いまちょっと友だちのことバカにしなかった?」
「うん。いま君の話は聞いてないよね」

わかりますか。

この微妙にディスってくる感じ。

貴女の言動にいちいち慌てるでもなく、同情するでもなく、ちょっと冷たくする感じ。

文字だけ見るとケンカを売ってるのかな、と思うでしょう。

しかしそんなことはありません。一度でも経験したことのある貴女は全力でうなずいてくれることだと思います。

彼はそのあと笑顔を見せたり、からかうような雰囲気を出してきたり、絶妙にフォローがうまかったりで、決して不愉快にさせないのです。

むしろ、そういうSっぽいの、大好物だったりしません?

絶叫系アトラクションのようにぐわんぐわん感情がゆれうごいて「ああ、ドキドキする……!」と思わずにいられなかったりして。

どんどん好きになる。もっとドキドキがほしくなる。気づいたらこっちが媚びてしまう。

ダウト!

お嬢さん。それが悪い男のブラック恋愛術なのですよ。

よろしいですか。悪い男ほど、わざと微妙に貴女をディスるのです。貴女をドキドキさせるために、絶妙なポジションをとるのです。

この手口を使う悪い男タイプ

ズバリ「ドSのマウント系男子」です。オラオラ系も含まれるでしょう。とはいえ、どんなふうにディスるかを含めて「ちょいS」から「ドS」までいろんなパターンがあります。

ちょっと不機嫌そうで、でも冗談のセンスもあって、モテそうで、こっちの言うことをなかなか聞いてくれない──そういう人種です。

共通するのは、貴女をディスることでポジションをとること。ナチュラルにそうする男もいれば、わざとSを演出する計算男もいます。

この手口を使う効果と男性心理

なぜ女性はディスってくる男に弱いのでしょう?

こうもドキドキするのでしょう?

それは「優秀な(モテる)オスにちがいない」と本能が感じてしまうからです。

そもそも人間には「優秀な子孫を残したい」という欲求があります。

それを何で判断するかというと「相手のふるまい・セリフ・空気感」です。

そういう雰囲気に女心は弱いのです。物怖じしなかったり、自分の自尊心を傷つけてきたりする男に出会うと「そこまでできるなら優秀なオスにちがいない……」と、本能が考えてしまうのです。

もちろん、優秀な異性をゲットしようという気持ちは悪いことでありません。ちょっとSっぽい彼氏だってステキです。

ここで問題なのは「貴女の心を奪うためだけ」に、それを利用する悪い男がいるということです。

信じられないかもしれませんが、自分が主導権を握って、自分のペースで、自分の欲望を叶えるためだけに、貴女をディスって、貴女の本能を誤作動させようとする悪い男もいるのです。

この手口の見破り方と対処法

目の前の男が「悪い男」かどうか、どうやって見抜けばいいのか?

それは何よりも、貴女がディスられているのに気づくことです。とはいえ、あからさまなキツい発言だけがディスることでありません。

・冗談っぽくいじる
・嫌な気分にならない流れで意地悪を言う
・どこまでディスっていいか試している感じがある
・フォローがうまい

こうした“小賢しさ”を感じたら、限りなくブラックに近いグレーかもしれません。貴女の本能を誤作動させようとしていることに気づいてください。

そもそも「貴女をディスること」と「その男性が優秀かどうか」は関係ありません。

発言や空気感でなく相手そのものを観察してください。そしてわざとドキドキさせられている感じがしたら逃げてください。心を奪われると抜けだせなくなります。

もちろんナチュラルにディスる男子もいます。遊び目的でなく、そういう性格なだけの男性もいるでしょう。

しかし、それでも彼らのディスりに気づくことには意味があります。

「ちゃんと考えて彼のことを好きになっている」のでなく「その言動によって好きにさせられているのでは?」と自分自身を疑うことができるからです。

この2つは大きくちがいます。

前者とちがい、後者は本能だけで判断してしまっている状態です。そのまま突っ走ることはできますが「このまま走って幸せになれるのかな……?」と考えることもできます。恋愛において立ち止まるのは悪いことではありませんよね。

お嬢さん。

くれぐれも貴女をディスる男には注意すること。

ドキドキできる恋と、幸せになれる恋は別ですよ。

少なくとも、花火のようにドキドキできるかどうかだけが恋の基準ではありません。暖炉の炎のようにおだやかな恋もあるはずです。

悪い男の刺激に慣れるあまり、本当に貴女を幸せにしてくれる男性と出会ったときに「つまらない!」と顔をそらすことのないように。

その恋、危ないドキドキが隠れていませんか?

(文:浅田さん@恋愛を語る奇術師、イラスト:ますだみく)

「悪い男の恋愛ブラックファイル」バックナンバー

悪い男は「共感ワード」を連呼する

お役立ち情報[PR]