お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

悪い男は貴女を幸せにできない #悪い男の恋愛ブラックファイル

#悪い男の恋愛ブラックファイル

浅田悠介(浅田さん@令和の魔法使い)

幸せな恋愛をするためには「悪い男に捕まらないこと」が一番大事。この連載では、恋愛コラムニスト・浅田さんが、悪い男たちの恋愛手口を紹介します。

お嬢さん。

幸せな恋愛をゲットするための、たった一つの冴えたやり方をご存じでしょうか?

それは「悪い男に捕まらない」こと。

いいですか?

この世には、貴女の心と体を奪おうとする獣や悪魔がたくさんいます――今、この画面を見ながら想像したよりもずっと。本連載では、そんな「悪い男」の手口を紹介していきます。

それをどうか心の中にファイルしてください。危ない色のファイルですが、いつか役に立つ時がくるはずですから。

本日の恋愛ブラックファイル

「お前だけだよ」
「俺がいないとダメなんだから」
「受け身な女の子でいいんだよ」

分かりますか、この感じ。

この「俺はお前を完全に囲っているぞ」という感じ。

正直、ちょっと快感なのも分かります。悪そうで、強くて、モテる感じの男性に支配されるのもゾクゾクしますよね。そういう男性に限って、こうしたせりふを吐くのですよね。

翻訳すると「お前は俺を好きなんだろ? だからそばに置いてやるんだよ」という感じ。

めちゃくちゃ女心に響きますよね。超ストロングです。不安な時や、彼のペースに引っ張られる時もあるけど、このまま彼のそばにいると永遠にドキドキできそうで。これを女の幸せと呼ぶのかもしれない――。

ダウト!

お嬢さん。それが悪い男のブラック恋愛術なのですよ。

よろしいですか?

悪い男は、貴女を幸せにできないのです。

カッコいいのは分かります。ドキドキするも分かります。楽しいのだって分かりますし、永遠に一緒にいられたらと思わずにはいられないのも分かります。しかし、そんなこと悪い男とはできないのです。

実はこの「悪い男の恋愛ブラックファイル」も最終回になってしまいました(リクエストやアンコールは編集部にぶん投げてください)。そこで最後に、貴女に、大事なことをお伝えしようと思います。本音ですよ。

この手口を使う悪い男のタイプ

ズバリ「全ての悪い男たち」です。

もう全員です。オールイン。貴女の心をもてあそぼうとする男性全員。

このシリーズを通して、貴女にお伝えしたかったのは「世の中にはいろんな方法で、自分のエゴのために貴女を利用しようとする悪い男が“たくさん”いる」という事実でした。

真実といってもいいでしょう。貴女が信じようが、信じまいが、それは本当のことなのです。そのことに、どうか慎重になってください。

よろしいですか。小学校の授業中、ぼんやり窓の外を眺めながら「大人の世界は、きっとこれくらいキラキラしているんだろうな」と想像していたそれ以上に、この世には貴女をもてあそぼうとする悪い男がいるのですよ――残念なことに。これを貴女に伝える役目になってしまい悲しく思います。

そして悪い男のほとんどは心を入れ替えません。いや、むしろできないのです。

悪い男の「女性をもてあそびたい」という衝動は原始的な本能です。ある種の男性にとって、女遊びをやめるのは、砂漠で水を我慢するようなものなのです。

つまり、基本、変わってくれません。本能に逆らえないから。

これも男と女の不都合な真実でしょう。少なくとも、今貴女に伝えるかどうか迷ったくらいには。くれぐれも用心してください。

この手口を使う効果と男性心理

全ての悪い男たちの手口を解説しましょう。

それは「貴女を幸せにはしないけれども手放そうともしない」というもの。

彼らは自分のエゴを満たすことにかけては天才的です。ナチュラルに女心を惹きつけるタイプもいれば、会話やLINEまで計算して女心を手に入れようとするタイプもいるでしょう。

どちらにも「貴女をつかんで離さない」という特徴があります。

貴女をずっと囲っている状態が、一番エゴを満たせるから。ストレートに性欲かもしれませんし、自分を好きな女性がいるという承認欲求かもしれません。

貴女を囲うだけでなく囲い続けることが(言葉が悪くてすみません)、その悪い男のメリットになっているのですね。故に、手放そうとしません。

そして、貴女が「今日こそケジメをつけよう!」と意気込んだ時に話をはぐらかしたり、貴女が離れそうになると急に優しくしたりします。悪い男は女心の扱いに慣れていますから――さながら抜け出せない悪夢のようです。

貴女は幸せにならないといけないのに。強引に心を奪っておきながら、幸せにしてくれるわけではない。まさに悪い男のブラック恋愛術です。

この手口の見破り方と対処法

全ての悪い男との恋愛に言えることがあります。

それは「ドキドキすること」と「幸せになれること」は全くの別物である、というもの。

もちろん、それらを兼ね備えた恋愛もあるでしょう。

しかし、「ドキドキするだけで幸せになれない恋愛は“たくさん”あるし、それが悪い男との恋愛である」ということだけは覚えておいてください。我ながら、このシリーズを通して伝えたかったのは、要するにそういうことだったのかもしれません。

さて、それでは最後に、ちょっとした言葉をプレゼントしようと思います。卒業式に黒い筒に入った賞状を渡すようなものです。

神学者・ラインホルド・ニーバーの祈りを勝手にアレンジしたものです――いつか貴女の救いになることを願って。

「どうか幸せな恋愛を続ける落ち着きと、不幸せな恋愛を終わらせる勇気と、その違いを見分ける知恵を授けたまえ」

お嬢さん。

とにかく幸せになるんだよ?

(文:浅田さん@恋愛を語る奇術師、イラスト:ますだみく)

BACKNUMBER 「#悪い男の恋愛ブラックファイル」をもっと見る

MORE

SHARE