お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

浮気・不倫する女性の特徴と行動パターン。そのとき男性側はどんな決断をする?

堀井亜生(弁護士)

メディアではよく浮気・不倫報道がされますが、実際はしなかったとしても、浮気してしまおうと思った経験がある女性もいるのでは? この記事では、浮気・不倫をする女性の特徴や行動、彼女の浮気・不倫を知った男性の行動やリスクについて、離婚問題に詳しい弁護士・堀井亜生さんに解説してもらいました。

浮気・不倫を知った男性の行動は?

では、浮気や不倫をされていることを知った男性はどういう行動に出るのでしょうか?

よく見られる反応を挙げます。

(1)許す

意外と多いのは、浮気を知っても許してしまう男性です。

浮気されていることに気づいた場合も、浮気していることを打ち明けられた場合も、何も言わずに別れるのを待つという人が多いです。

また、「浮気や不倫はよくないことだからやめなさい」と説得を試みて、それがダメならやはり帰ってくるのを待つという男性もいます。

(2)黙って様子を見る

浮気に気づいても反応せず、たまにパートナーのスマホをのぞいてLINEやメールを見張り続けるだけという男性もいます。

ことを荒立てたくないと思う人が多く、そのうち別れるだろうと思ってとりあえず様子を見るというパターンです。

全体的な傾向として、女性は浮気されていることを知るとすぐに本人に「浮気してるでしょ」と言う場合が多いのに対して、男性の場合は自分のところに戻ってくるのをじっと待ったり、黙ってLINEをのぞいて浮気の証拠を集め続けたりする人が多いといえます。

男性にとって女性に浮気をされるというのは、自分のメンツが台なしにされる屈辱的なことだという心理があるのかもしれません。

そのためかえって怒りを表に出すことができず、じっと耐えて浮気が終わるのを待つしかなくなってしまうのでしょう。

(3)激しく束縛するようになる

もちろん、メンツを台なしにされたことで激怒する男性も少なくありません。

その中で多いのは、激しく束縛するようになるというパターンです。

絶えず浮気を疑うようになり、飲み会に行くのも友だちと会うのも禁止して、パートナーのスマホを毎日のようにチェックするということもあります。

極端なケースだと、誰かと会うときは必ず相手の写っている写真を撮って10分おきに送らないと外出自体を許してもらえないようになったり、GPSをつけて常に居場所を監視されるようになったりしたという女性もいます。

女性は「もう浮気はしない」と平謝りしても許してもらえず、一挙手一投足を疑いの目で見られるようになり、だからといって別れてももらえず、生きた心地がしない毎日を送ることになります。

この「別れてもらえない」というのが、一番大変なところです。

結婚している場合は、離婚の原因を作り結婚生活を破たんさせた有責配偶者の側から離婚をすることはできないので夫が同意しない限り離婚はできませんし、交際中の場合も距離を取ろうとするとストーカー化するということもあります。

次ページ:「許してもらえそう」が女性の浮気のキーワード

お役立ち情報[PR]