お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 片思い

両思いなのに付き合わないのはなぜ? 「付き合えない」と言う男性の真意

さかもとみき(恋愛コラムニスト)

好きな人に告白したら「好きだけど付き合えない」と言われた……。この‟両思いなのに付き合わない問題”。一体なぜなのでしょうか? 好きなら付き合っちゃえばいいのに!! 気になる男性心理を恋愛ライターのさかもとみきさんに教えてもらいました。

「好きだけど、付き合えない」これ、相談でもちょいちょいあります。

結論から言うと、経験上そのセリフを言う男性の多くは、「責任を持たずに関係だけキープしたい」んです。

ただ、まれに、彼女のことを考えて付き合わないという人がいるのも事実。

だから、付き合えない理由を明確にして、男性の真意をちゃんと見極めなければなりません。

今回は「両思いなのに付き合わない」男性のいろいろな心理を解説していきます。

「両思いなのに付き合わない」ってコトあるの?

両思いなのに付き合えないって、ちょっと何言ってるかわかんないですよね。

でも、悩んでいる人が意外と多いこの問題。

好きな気持ちがあるのに付き合えない理由とは一体なんなのでしょうか。

両思いなのに付き合わないケースとは

「付き合わない」という選択をすることで傷つけ合うのを避ける、ある意味大人な考え方です。

本当に両思いである場合、その選択をするのは、距離や時間、立場などが原因であることがほとんど。

両思いでも男性が付き合えないと思いがちなケースについて、まずはまとめてみました。

遠距離恋愛になるのが決まっている

転勤や転職など、仕事の関係で近い将来、遠距離恋愛になるとき、なかなか付き合ってとは言えません。

遠距離恋愛は、寂しいときに駆けつけてあげられない、いつでもすぐに会えないことが日常茶飯事。

そんな風に、彼女を寂しい気持ちにさせてしまうのがわかりきっているとき、男性は付き合うことに消極的になってしまうようです。

生活がすれちがうことがわかりきっている

お互いの仕事の関係で時間が合わずなかなか会えないけど、惹かれている場合ってありますよね。

たとえば、どちらかが夜勤がある仕事や、サービス業で土日休みがほとんどない場合です。

仕事優先の男性にしてみれば、付き合ったら彼女から「私より仕事が大事なの?」と鉄板のセリフを吐かれること必至。

付き合うのに消極的な理由は、もしかしたら、今までもそれが原因で別れてしまったことがあるからかもしれません。

また、どちらかに譲れない趣味などがある場合も、2人で会う時間はなかなか取れません。

仕事や趣味の時間を削る気のない男性は、彼女に我慢ばかりさせてしまうのがわかり切っているので、付き合うことができないんです。

恋愛よりも優先しなければいけないことがある

まれに今、タイミングが悪くて付き合えないという場合もあります。

たとえば、資格を取るために受験勉強をしている、家族の面倒を見なければならない、抱えている仕事が忙しくてどうしても時間が取れない、自分の病気の治療が先決、などです。

両思いなら、付き合ってしまえばいいとも思いますよね。

でも、実際に時間もお金も割けず、女性に我慢をさせたり、待たせたりすることは、男性に罪悪感が募ります。

好きだからこそ、状況が変わるまでは付き合わないのが彼にとっては「正解」なのです。

職場恋愛禁止

一緒に働いていると、恋が芽生えることはよく聞く話です。

それゆえ、過去にトラブルがあったり、問題になったりして、職場によっては社内恋愛が禁止なところもあります。

クビにならないよう、どちらかが仕事を変えない限り付き合えないというケースも実際にあるようです。

年の差が離れすぎている

年の差が離れすぎているケースでも、付き合うことに躊躇してしまう男性が多くいます。

年の差婚なども増えてはいますが、いざ自分が付き合うとなるとまわりからどう見えるかなどの不安を覚えるからです。

また、付き合うとしても、年の差からうけるギャップで相手が自分に幻滅してしまわないかが怖い、嫌われないか不安という気持ちを、年の差が少ない場合にくらべて強く抱く傾向にあるのです。

両思い=付き合うではない

大人になると、現実的な問題やすれちがいが見えてしまって、恋愛に盲目になれなくなります。

両思いなのに付き合えないのはもどかしいですが、それなりの理由があるもの。

お互いが辛い思いをしないための選択として、正しい側面もあるかもしれません。

しかし、そんな理由もないのに「好きだけど、付き合えない」という男性には要注意。

覚悟も責任もない関係が楽だから付き合わない可能性があります!

次ページ:なぜ? 両思いなのに「付き合えない」と言う男性の真意

お役立ち情報[PR]