お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 出会い

人を信じられない心理&原因は? 恋愛で人間不信になったときの対処法

紅たき(占い師・コラムニスト)

恋愛で裏切られると、人間不信に陥ることがありますよね。この記事では、人を信じられない人の心理や原因、恋人を信じられなくなったときの対処法について、占い師・コラムニストの紅たきさんが解説します。

つらい恋愛の経験から、人を信じられなくなったという方は多いもの。

信じてまた裏切られるのが怖い……。

そんな気持ちのまま、いつまで経っても次の恋へ行けず、つらい思いをしている人もいると思います。

今回は、人を信じられなくなった原因や、どうやったら人を信じられるようになるのかをお伝えしたいと思います。

恋愛で傷ついた……人を信じられない人の心理とは

恋愛で傷つき、人を信じられなくなってしまった人には、共通する心理傾向があります。

どのような特徴があるのか、詳しく見ていきましょう。

(1)物事を悪いほうにばかり考える

人を信じられない人は、何かをやろうとするとき、どうせ失敗するに決まっているとネガティブに考えがちです。

これは、心の防衛本能が自然に働いているからです。

きっとうまくいく! とプラス思考に考えて、結果失敗してしまったら落ち込むでしょう。

けれど、最初から失敗すると思っていれば、うまくいかなかったとしても、やっぱり失敗したと思えます。

そのほうが心のダメージが少ないので、どうしてもネガティブになってしまうのです。

人を信じて裏切られたときの心の傷が、そのような思考をさせていると考えられます。

(2)自分は運が悪いと思っている

人を信じられない人は、自分は生まれつき運が悪いのだと思っている人が多いです。

つまり、何かうまくいかないことがあると、自分のせいではなく、運のせいにするのです。

これも、心の防御本能が働いている証拠。

人は、悪いことが起こったとき、何かのせいにすると楽になれるのです。

自分は悪くない、たまたま運が悪いのだ。

こう考えることで、自分の心を守っているのです。

(3)自分のことも信じていない

人を信じられない人は、自分のことも信じられない場合が多いです。

自分なんてダメだ。自分は何もできない。自分には愛される資格がない。

そんな風に、自分のすべてを否定してしまいがちなのです。

(4)疑り深い

人を信じられない人は、何でも疑ってしまう傾向があります。

誰かに「かわいいね!」「その髪型いいね」などと褒められても、素直に喜べません。

何か裏があるのではと疑ってしまうのです。

(5)選択を相手に委ねる

人を信じられない人は、何か選択しなくてはならないとき、自分では決めずに相手に選択を委ねることが多いです。

人を信じていないのに、なぜ選択を任せてしまうの? と思うかもしれませんが、人にお任せしたほうが間違った選択をしても非難されることはなく、気が楽だからです。

次ページ:なぜ人が信じられないの? 人を信じられない原因5つ

お役立ち情報[PR]