お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

「3カ月記念日」に実は彼がしてほしいこと

TETUYA

大好きな彼との交際が長く続くかどうかは、「付き合って3カ月の壁」を越えられるかどうかがかかっているとよく耳にしますよね。「付き合って3カ月記念日」は交際を続けるための大切なポイント。この記事では、付き合って3カ月のカップルの特徴や注意すべきこと、プレゼント選びのコツなどについて、恋愛コラムニストのTETUYAさんが解説してくれました。

「男の気持ちが男に聞くのが一番早い」恋愛コラムニストのTETUYAです。

付き合っているカップルにとって、3カ月、3年と、この「3」にまつわる見えない壁というのは、意外とあるようです。

僕のまわりにも、この壁を越えられず、別れたという声をよく聞きます。逆に言うと、この壁を乗り越えた瞬間に、お互いの絆が強くなっていくと思えば、この記念日をポジティブに考えてみるのもいいのかなと思います。

今回は、まず、3カ月記念日について僕なりの意見をまとめてみました。

「3カ月記念日」って大切?

3カ月記念日

「男性は、面倒臭がりな生き物だから、3カ月記念日なんてやらないで、6カ月記念日からでいいよ」と言う意見がたまにありますが、僕は、3カ月記念日、推進派です(笑)。

お互いの誕生日祝いももちろんですが、3カ月、6カ月、1年、2年、3年というスパンで2人の記念日をお祝いしたほうが、絶対そのカップルは永く続くと思います。

それは、なぜか? 最近、車を購入したんですが、それにたとえて説明しますね。新車を購入したときとこの記念日の意味合いは似ています。車を購入すると、ちゃんと不具合なく走行しているかと、わりと短いスパンで点検の案内がきます。

カップルも一緒。記念日という機会に、2人の気持ちを点検することで、絆を深め合うきっかけになります。

どうしても日常生活のバタバタな状況下では、お互い好きなんでしょうが、ちょっとした不満、車で言うなら故障した箇所は見えづらいもの。不満はため込めばため込むほど、あとで大爆発して手遅れになってしまうケースもありますからね。

3カ月記念日などの特別なテンションが上がる日に、2人の気持ちを点検して、不満がちょっとでもあれば、「何か、この機会に直してほしいところがあったら言って」とお互いに言い合えれば、わりと修復できますから。

次ページ:「付き合って3カ月」ってどんな時期?

お役立ち情報[PR]