お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「3カ月記念日」に実は彼がしてほしいこと

TETUYA

付き合って3カ月に気をつけること

束縛をしすぎない

3カ月記念日

3カ月たてば、お互いに対する信用も増してきます。なので、付き合い当初は、異性がいる場に聞くと心配でたまらなくなり、やきもちを焼いたり、束縛したりすることもあったと思いますが、3カ月以降は、相手のことを信用して、束縛などし過ぎないことです。

3カ月たったお互いの気持ちを伝える

3カ月記念日

3カ月経過してみて、お互い思うことを言い合うこと(いいことも、直してほしいことも)。3カ月記念日の場をうまく利用するといいですね。ここでいったんリセットすることで、次の6カ月記念、1周年記念が見えてきますから(笑)。

2人のルールを決める

3カ月記念日

今後の2人の付き合いを長く続かせるためにも、ここで2人だけのルールを決めるのもいいと思います。

どうしても、付き合いはじめの、LINEを1日数十回以上送り合ったり、週3回は直接会ったりのようなマックスのテンションを継続するのは難しいですし、それに縛られると自分が苦しくなってしまいますから(苦笑)。

また、ルールを決めずに頻度が落ちてしまうと、「私のこと嫌いになったの?」とネガティブに考えてしまうこともあります。

記念日は恋愛を長続きさせるスパイス

3カ月記念日

2人の記念日祝いは、恋愛を長続きさせるためのスパイスのようなもの。

日ごろなかなか言えない、好きな気持ちも不満もすべて吐き出すことで、リセットするにはベストな機会だと僕は思います。

2人ともお祝いというハッピーなテンションで、素直に、相手のことを受け入れやすい状態だからこそ、不満を多少言っても大丈夫ですよ。

(TETUYA)

※画像はイメージです

※この記事は2019年05月31日に公開されたものです

TETUYA

小栗旬似の色気のある声で、恋愛に必要な「人たらし」の極意を、音声プラットフォームアプリ「stand.fm」で配信中。「Radiotalk」では、1500件近く寄せられた恋愛相談に、男性目線のアドバイスを配信中。

stand.fm:https://stand.fm/channels/5fec2ddf1f63b1cf681399a7
Radiotalk:https://radiotalk.jp/program/82246
twitter:https://twitter.com/tetuya_1976

この著者の記事一覧 

SHARE