お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

彼女が不機嫌になったとき、男性が思っていること

藤本シゲユキ(リアライフカウンセラー)

彼氏と一緒にいるとき、突然不機嫌になることはありませんか? それ、男性をかなり困らせています。恋愛が下手な女性ほど「思っていることを言わない」傾向があるようですが、それだとうまくいきません。この記事では、恋愛コラムニストの藤本シゲユキさんに「不機嫌になったときの対処法」教えてもらいました。

「言わなくても察してほしい・わかってほしい」

女性にはそういう側面があるとよくいわれますが、実際に、恋人に対しそう願う女性も多いのではないでしょうか。

しかし、言葉を交わさないことでコミュニケーションの断絶が生じ、険悪なムードでデートを過ごした経験はありませんか?

今回は、「彼女が突然不機嫌に。彼氏はどう思っている?」をテーマにお話しさせていただきます。

彼女が突然不機嫌になることに対して、男性はどう思っているのか

「いきなりなんやねんコイツ」「え? 俺なんかした?」「お腹空いたのかな」など、人それぞれ思うところはバラバラですが、ひとつだけ言えることがあります。

ほとんどの男性が、女性の言う「ねえ、なんで私が怒ってるかわかる?」の意味をまったく理解していません。

もし、その答えを怒っている本人から聞けたとしても、それはどこまでいっても、「そんなもん言わなきゃわかんねえよ」であり、「言いたいことがあるならちゃんと言えよ」です。

これは、「言いたいことがあるなら言え」と上司に言われ、「言えるもんならとっくに言ってるよ現象」に似てはいますが、どのような関係性であれ、「言わない」「言えない」と決めつけているのは自分自身。

言ってからどう受け止めてどう解釈するかは、完全に相手が決めることなので、せっかく思ってることを言ったのに、思うような結果にならなくて「言わなきゃよかった」となることはもちろんあると思います。

しかし、言うこと自体に意義があり、言わないことには何も伝わっていないぐらいに思っておいたほうがいいでしょう。

言葉なくして理解し合えることは不可能

言わなくてもわかる「ツーカーの仲」というのは、実はそう簡単になれるものではありません。

そもそも、どんな人間関係であっても、莫大な数と時間のコミュニケーションを積み重ねた先にしか、わかり合えることはないんですよ。

どれだけ長く連れ添った夫婦であっても、何十年も経ってから「うちの旦那(嫁)にはこういう部分があったのか」と発見することがあるように、完全なる「ツーカーの仲」になるのは、不可能に近いといっていいでしょう。

もちろん、相手のことを理解するにつれ、不機嫌になった理由を聞かなかったとしても、状況の前後から推測して「さっきああいうことがあったから、もしかしてそれで怒ってんのかな?」「昨日ちょっとケンカしちゃったから、そのことが尾を引いてるのかな?」と、おおよその目処を立てることはできます。

しかし、数日前や思い出せないぐらい前の出来事で不機嫌になられても、怒っている理由がわかるわけがありません。

なので、言葉なくして自分の思っていることや考えていることを「察してほしい・わかってほしい」と願うのは、おこがましいにも程があるといっていいでしょう。

ちなみに、交際期間がいくら長くても、お互いが思っていることや考えていることをちゃんと話していなかったら、付き合いが長いだけでほとんど理解し合えていないと思ってください。

次ページ:不機嫌になったときの対処法

お役立ち情報[PR]