お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

会いたいけど会えないときにすべきこと。彼の愛が加速する“いい女”メソッド

安田光絵(恋愛コラムニスト/美容ライター)

「会えない時間が愛を育てる」とはよくいったもの。もし今あなたが「彼に会いたいけど忙しくて会えない、寂しい」と感じているならば、彼からいっそう求められる女性になるために、この会えない期間を最大限に利用してみるのも一手です。会いたいけど会えないときに、彼の愛情を今以上に大きく育てるためのノウハウを、数多くの婚活セミナーを手がける恋愛ライター、美容家でもある安田光絵さんに教えていただきます。

せっかく大好きな彼とつき合っているのに、彼の仕事が忙しかったり、遠距離でなかなか会えないと、不安だし寂しいですよね。わかります。私自身、つきあったら毎日でも会いたいくらい。

なのに彼は「会おう」と言ってくれない、積極的にデートの約束をしてくれない。「私のことなんてたいして好きじゃないのかも」「もしかしたら、浮気しているのかも?」なんてあらぬ妄想がつい広がって、ひとり悲劇ワールドのヒロインに……。

そんなときは発想の転換が大切です。

悪い妄想で負のスパイラルに……

会いたいけど会えない

まわりの女性たちの話を聞いていても、「なかなか彼と会えない」という悩みは想像以上に多いものです。

さらには、そのストレスですべてのモチベーションが上がらない、何もやる気がおきない……なんて負のスパイラルに陥ってしまう。でも、いざ彼に会ったときに、そんな暗い表情でせっかくのデートが台なしになってしまっては本末転倒。

彼女あと回しでも、気持ちは冷めていない!

もともと、女性はコミュニケーションを大事にする生き物です。太古の昔、狩りに出かけた男性を待つ間、周りの仲間と協力し合いながら子育てをしていた女性にとって、何より大切なのが協調性。だから、男性が自分に合わせてくれないことを理解できないというワケ。

いっぽう男性は、女性が“手に入った距離”にいると、安心する傾向にあります。きっと、あなたを手に入れるまではマメに連絡もくれていたし、頻繁に会おうとしてくれていたはず。

会いたいけど会えない

でも、大好きなあなたが自分のものになったので安心して、「仕事を優先する」という彼のいつものペースに戻っただけなのです。あなたへの恋心が冷めたわけでは決してありません。

女性は「私より仕事のほうが大事なんだ」と思いがちですが、彼女への「好き」と、生きるための役割としての「仕事」は比べられないもの。あなたの彼に対する気持ちと両親に対する気持ちが比べられないのと同じことなのです。

会えない時間が、いい女を育てる

と、頭ではそう理解できても、寂しいことは寂しい。ならば会えない時間は、女っぷりを上げる「いい女製造時間」だと切り替えましょう。

じつは、恋をしているときは、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が活性化しているので、美容効率が普段の10倍くらい上がるといわれているんです。これって、花嫁さんが、とんでもなくキラキラオーラを放っているのと同じこと。私はこの恋する時期を、「花嫁期」と呼んでいます。

私自身も、この花嫁期を充実させたところ、彼に会いたいと言われるようになっただけでなく、ほかの男性からもちゃっかりアプローチされました。さらに生活が充実することで、それまでの寂しさが紛れ、会えなくて悩むことも激減、といいことばかり。

続いては、そんな“花嫁期”にあなたがすべきことをご紹介します。

次ページ:「花嫁期」にしたい自分磨き5つ

お役立ち情報[PR]