お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

アラサー女性が結婚して幸せになる方法

コラムニスト・ひかり(恋愛コラムニスト)

「結婚への焦り」をなくすには?

そうはいっても、結婚に焦ってしまう人は多いものでしょう。その焦りをなくすためには、どうしたらいいのでしょうか?

独身の今でも幸せな人になる

うまくいかない日常をすごし、「結婚さえすれば幸せになれるはず」だと結婚を逃げ道のように考えている人は、結婚に焦りやすいものです。

でも、そんな“幸せになるための解決策”だと思い込んでいる結婚をしたところで、本当に幸福になれるのか? というと、難しいでしょう。その人には、「自分自身で幸せになる力」がないからです。

つまり、独身の今でも幸せになることが大切なのです。

結局、独身でも幸せでいられる人が、結婚しても幸せになれることが多いものです。そういう人は、自分が幸せになることに対して、他人任せや環境任せにしません。

独身でも幸せでいるために大切なことは、「今、目の前にある幸せに気づき、それを生かす」ことです。独身だからこそ、自由な時間があって、いろいろなことにチャレンジできますし、今、恋人がいないのであれば、これからどんなステキな人とでも付き合える可能性があります。

もっと今の環境を生かし、人生を輝かせてみてはどうでしょうか?

そんな自分で自分を幸せにできる人が、相手の幸せも考える心の余裕を持つことができるので、結婚したらより幸せを増やすことができるのです。

さらに言えば、独身の状態でも幸せであれば、今は今で楽しいはずなので、むしろ「早く結婚しなくてはいけない」なんて焦らなくなってきます。

そういう魅力ある女性になってからのほうが、「ステキだ」と寄ってきてくれる男性は増えると思いますよ?

歳を重ねても結婚できる時代であることを知る

「若くないと結婚できない」という古い考えは、もう捨てましょう。もちろん若さは魅力のひとつなので、若いほうが結婚しやすいのは事実です。

でも、今は40代になっても独身でいる人は増えてきていますし、実際に60代でも結婚する人はいます。何歳になっても、同世代の独身者はいるので、恋愛、結婚のチャンスはあるのです。

さらに、個人差はありますが、30歳をすぎたころから自己確立ができるようになる人も多いもの。“自分らしさ”がなんなのかがわかるようになってから選ぶ相手のほうが、自分に合うでしょう。つまり、晩婚は悪いことばかりではないのです。

ひとりでも食べていけるくらいの経済力を持つ

結婚を焦っている人の中には、「将来の不安」から結婚したいと思っている人も少なくありません。だったらまずは、自分ひとりの生活費くらいはきちんと稼げるくらいの経済力を持ちましょう。

仮に結婚できたとしても、結婚後、パートナーが豹変して、DVや浮気に泣かされることもあるかもしれません。

もし自分に経済力があれば、何かあったときには家を出ることもできます。逆を言えば、経済力がないから離婚したくてもできない女性も少なからずいるのです。お金はあるに越したことはありません。幸せな結婚生活を送るためにも、経済力は持っておくといいでしょう。

次ページ:結婚したいけれど彼氏がいない女性がすべきこと

SHARE