お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 結婚

アラサー女性が結婚して幸せになる方法

コラムニスト・ひかり(恋愛コラムニスト)

「私、一生、結婚できないかもしれない!」なんて、不安になっている女性は少なくありません。特に30歳目前になると、結婚に焦る人は多いもの。

今、付き合っている恋人がいて、「彼と結婚したい」というのであればわかりますが、中には、そういう相手がいるわけではないのに、ただただ結婚したいと思っている人もいます。そんな人が知っておいたほうがいいことがありますよ。

アラサーで結婚に焦る理由とは

あなたが今、結婚をしたいのは、どうしてでしょうか?

もしかしたら、「結婚したら幸せになれると思うから」「まわりの友だちが結婚しているから」「親が結婚しろとうるさく言ってくるから」「出産を考えると、早く結婚しておきたいから」などの理由で、結婚を望んでいませんか?

そんな気持ちで結婚してしまったら、むしろ不幸せになってしまうかもしれません。

結婚したら幸せになれると思うから

「仕事がおもしろくないから、早く専業主婦になりたい」「結婚さえすれば、今の環境から逃げ出せる」「ステキな男性が現れて、私を幸せにしてほしい」なんて思っている人は、結婚しても大して変わらないことに気づき、幻滅することでしょう。

結婚はキラキラした恋愛の延長ではなく、生活だからです。

自分で自分を幸せにできないような人が、相手に幸せにしてもらおうと負担ばかりかけていたら、生活は破たんする可能性は高いです。多くの人が、仕事や人間関係などで理想通りにはいかない現実に直面し、自分のことだけでもいっぱいいっぱいになるからです。

だから、結婚は逃げ道にならないことを理解して、人に幸せの依存をするのはやめましょうね。

まわりの友だちが結婚しているから

学生時代は友だちと同じタイミングで進級するものですが、大人になったら自分のタイミングで人生を歩んでいく必要があります。

人それぞれに向いているもの、向いていないもの、好み、生き方があるように、あなた自身が自分らしく生きるためには、人のタイミングに気をとらわれるのではなく、“自分の人生”をきちんと考えることが大切です。

自分らしさをわからないまま生きている人で幸せな人は、ほぼいません。

まわりがどうとか、友だちが結婚しているからとか、そんなことにとらわれないで、自分は自分らしく生きるためにはどうしたらいいのか? ということを考えるようにしましょうね。

親が結婚しろとうるさく言ってくるから

親の期待通りに生きることが親孝行だというわけではありません。

親に「子どもには子どもの生き方があって、幸せに生きてくれさえすれば、それだけでいいのだ」と思えるほどの深い愛情を教えてあげることだって、大事な親孝行です。

親の言葉に影響を受けすぎてしまう人は、そろそろ親離れをしたほうがいいでしょう。親の言いなりになりすぎると、自分で自分の人生の選択ができなくなり、いつか後悔するときがきます。

なぜなら、親とあなたは、ちがう人間だからです。親にとっては幸せなことでも、あなたにとってそれは幸せなこととは限りません。親の意見に左右されてしまう人は、自分の力で人生を選べるようになりましょうね。

出産を考えると、早く結婚しておきたいから

確かに出産を考えると、若いうちに結婚したほうがいいでしょう。

でも、結婚したところで、子どもができるとは限りません。そんなときどうしますか? その人との結婚生活を続けられますか?

子どもができなければ一緒にいる意味を感じない程度の愛情しか抱いていない相手と結婚したら、きっとうまくはいかないでしょう。「この人となら、何があっても人生をともに歩んでいく!」くらいの強い気持ちがないと、家庭に降りかかるさまざまな問題を乗り越えられないからです。

その程度の愛情しかなかったら、仮に子どもができたとしても夫婦仲がうまくいかず、離婚し、シングルマザーになって、より苦労することもあるかもしれません。

さらに、「子どもがほしいから結婚したい」という人の中には、「他人が持っているものを自分も持っていないと、足りない感じがするから」くらいの感覚の人もいます。そんな“所有物”のような感覚で子育てをしようとしたら、子どもが不幸になってしまいます。

子どもができたら、“子どもにとっての本当の幸せ”を考えられる親にならないと、親子の関係はうまくいきません。子どもには子どもの人生があります。あなたの人生のオプションとして、子どもがいるわけではありません。

そういったことを心から理解してから、結婚し、出産を目指したほうが、幸せになれると思いますよ?

次ページ:「結婚への焦り」をなくすには?

お役立ち情報[PR]