お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

人の幸せを素直に喜べない。友だちの幸せに嫉妬する心理と解決法

秋カヲリ

友だちの幸せを喜べない悩みを抱えるあなたへ! 解決法とは

それでは、どうしたら友だちの幸せを喜べるようになるのでしょうか?

シンプルな解決法を5つご紹介します。

(1)今のままの自分を肯定する

人の幸せを喜べない人は、他人と自分を比較して「今の自分」を否定し、自信を失っています。今の自分を肯定するためには、自尊心を持つべき。

今のままの自分を認めるのです。

「でも、あの子のほうが自分より優れているから、自信なんて持てないよ」と思うかもしれませんが、それは他人の長所や成功にばかり目を向けているから。

他人から見れば、あなたにもたくさんの長所や魅力がありますし、相手の成功の陰にはたくさんの失敗や努力があるものです。

自分と他人の間には、思っているほどの差はないと知りましょう。

(2)「本当に必要なものは何か」を立ち止まって考える

恋人がほしい、ブランド物のバッグがほしい、人生を捧げる仕事がほしいと次々に新しいものを求める人は、それらを手に入れても満足しません。

それは、「本当に自分がほしいものが何か」が自分でもわかっていないから。

やみくもに走り出す前に、「これって本当に必要?」と自分に問いかけましょう。

さっきまで羨ましかった人の幸せも、自分にとっては必要がないものかもしれません。

(3)人生を劇的に変えるものはないと知る

友だちが結婚すれば「私も結婚すれば幸せになれるはず」と思い、友だちが仕事で成功すれば「私も仕事で認められれば幸せになれるはず」と思う人は、物事に対して過度に期待をしています。

実際には、何かひとつだけで人生が劇的に変わることはありません。

期待しすぎると、うまくいっても「あれ、こんなはずじゃなかったのに」と落胆して、いつまでも満足できず、人を羨む気持ちは消えません。

そんな魔法はないと心得ておきましょう。

(4)選択をまちがえても焦らない

がんばって取り組んだものの、目標達成したときに幸福を感じないこともあります。

そこで「どうして幸せを感じられないんだろう」「どうしたらいいんだろう」と焦ってしまうと、不幸のループに陥ります。

人の幸せそうな笑顔を見ると、「私は幸せになれなかったのに」と妬ましく思うこともあるでしょう。

思ったような結果に結びつかなくても、焦らないことが大切。

焦りはさらなる過ちを生み、いつまでも幸せを追い求めるようになってしまいます。

「ほしいものがこれじゃないとわかってよかった」とポジティブに捉えましょう。

(5)他人ではなく過去の自分と比較する

どうしても他人と比べてしまう人は、他人ではなく過去の自分と比べる癖をつけましょう。

過去の自分と比較すれば、今の自分は何かしら成長しています。

嫉妬の気持ちを抱くことも減るでしょう。

そして、「ちょっとずつ前進しているんだ」という自信も持てるので、幸せを感じやすくなり、人の幸せも喜べる体質になっていくはずです。

次ページ:今のままの自分を愛せば、悩みはなくなる

SHARE