お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 出会い

結婚にもオススメ。「優しすぎる男性」の特徴と心理

ヨダエリ(トレンドコラムニスト)

男友だちの中に、優しすぎるから男として見れない、なんて人はいませんか? 「優しすぎる男性」はあまり女性にモテないようです。いったいなぜなのでしょう? 優しすぎる男性の心理と、彼らとの恋愛や結婚について、恋愛アナリストのヨダエリさんに教えてもらいました。

みなさんは、「付き合いたい男性のタイプは?」と聞かれたとき、何と答えますか?

「優しい人」と答える人、結構多いのではないでしょうか。

その一方で、恋愛対象としてピンと来ない男性を、「優しいんだけど……」「優しすぎて……」と物足りなく感じた経験がある女性も多いと思います(私自身も経験があります)。

なぜ優しすぎる男性は恋愛対象にならないんだろう? 優しすぎる男性と付き合ってみたらどうなるんだろう? ……みなさんのそんなモヤモヤを解消すべく、今回は「優しすぎる男性」を紐解いていきます!

女性から見た「優しすぎる男性」とは

男性に優しさは必要。でも、優しすぎる男性には異性としての魅力を感じない。実際、そう語る女性は多いです。

では、「優しすぎる男性」とは、具体的にはどんな男性を指すのでしょう?

女性から見た「優しすぎる男性」の特徴

女性にとっての「優しすぎる男性」とは、たとえばこんな男性。私自身の経験や見聞きしてきたリアルケースをもとに、特徴をまとめてみました。

自分の好き嫌いや意見を強く主張しない

「何食べる?」と聞くと「何でもいいよ」、「どこ行きたい?」と聞くと「どこでもいいよ」。よくいえば相手に合わせることができ、悪くいうと相手任せになりがち。

感情の浮き沈みが少ない

大きな声を出す、怒鳴る、人に当たる、といったことは、ほぼ皆無。常に穏やかで浮き沈みが少ないので、友だちとして一緒に過ごす上ではありがたい存在。

予想外の行動を取らない

衝動や思いつきで行動することがない。なので、他人に迷惑をかけることはないけれど、「海に行かない?」「えっ、今から?」といったドラマのような展開も絶対に起きない。

相手の意志に反することは絶対にしない

相手が躊躇しているのに、それを無視して何かを押し通すことは絶対にしない。たとえば「もう一軒どう?」と誘って「今日はちょっと」と女性に言われたら、それ以上は引き止めない。

「優しすぎる男性」がモテない理由

この時点で、「優しすぎる男性だと恋愛対象にならない理由、わかった……!」という人、いるのではないでしょうか。

前述した特徴からもわかるように、優しすぎる男性は、穏やかで、相手に合わせてくれるため、女性からすると友人としては心地よい。でも、だからこそ、恋愛ははじまりにくいのです。

なぜなら、そもそも恋愛感情には、戸惑いや動揺、緊張なども含まれていて、心のざわつきや動揺はむしろ必要なのに、優しすぎる男性はそれを女性に与えることを避けようとするから。

たとえば、女性が彼を好きかどうかまだわからず、でも「手をつないできたら受け入れるかも」くらいには思っていても、女性が言葉と態度でハッキリ好意を示すまで、優しすぎる男性は動きません。ためらっている相手に無理強いするのが嫌なのです。

女性に自分を恋愛対象として意識させるには、「動揺させることになってもいい」「困らせることになってもいい」という、ある種の自分勝手さが必要。悪者になる覚悟、ともいえるでしょう。

それが「優しすぎる男性」には欠けているため、女性は彼らに不快感を抱かないけれど、同時に、ときめきを感じることもないのです。

次ページ:優しすぎる男性の男性心理

お役立ち情報[PR]