お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

デートの会計で「モテる女」と「モテない女」のちがい

マイナビウーマン編集部

デートの支払いのときは、どんな行動が男性にはウケがよいのでしょうか? 「モテる女」は普段どんな行動を取っているのでしょうか? 今回は社会人男性に「デートの会計時のモテる女」について聞いてみました。

財布を出して、支払う意思を示す

・「かならず財布を出して、払う意思を示す」(34歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「財布を出して自分も払うと言うこと」(31歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

会計時に財布を出して、支払う意思が感じられる女性は好印象のようです。とりあえず財布を出したようなアピールは、見抜かれてしまう可能性もあるので、しっかりと払う意思を見せることでモテる女になれそうです。

奢ったときにお礼が言える

・「必ずお礼を言ったり、対等の振る舞いができたりすること」(33歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「奢ってもらった場合は、しっかりと笑顔でお礼をする」(39歳/不動産/専門職)

きちんとお礼が言える女性はモテるそうです。奢ってもらうのが当たり前だと思わずに奢ってもらったときは、お礼をきちんとすることは忘れないように気をつけましょう。

割り勘で支払いを済ませる

・「ちゃんと割り勘を要求して、きっちり払う女性はかっこいい」(35歳/その他/事務系専門職)

・「割り勘を提案してくれる。おごりを遠慮する」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

相手が奢ってくれるのを、すんなり受け入れるのではなく割り勘の提案をしてくれる女性は、男性からするとモテ女のようです。割り勘を受け入れてくれない男性の場合「次のお店は払うね」などの一言があると、さらに男性からの評価は高そうです。

既に支払ってくれている

・「すでに会計を済ませていたり、小銭がないときにさり気なく出してくれたりする人」(28歳/農林・水産/その他)

・「お手洗いに行っているときに、すでに先払いしていること」(38歳/運輸・倉庫/その他)

男性が席を離れている間に既に会計を支払ってくれている女性に惹かれる男性もいるようです。しかし、プライドを傷つけられたと感じる男性もいるかもしれませんので、注意が必要です。相手が年下男性の場合などは、試してみる価値はありそうですね。

まとめ

デートの会計時に「モテる女性」の特徴についてまとめてみました。やはり奢ってもらうのが当たり前だと思っている女性は、あまりモテなそうですね。支払い時は男性を立ててあげつつ、割り勘などの提案で「モテ女」を目指してみてはどうでしょうか。

(マイナビウーマン編集部)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2019年1月28日~2月4日
調査人数:426人(22~39歳の働く未婚男性)

お役立ち情報[PR]