お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

告白の成功率はどのぐらい? OKをもらうポイントと注意点を解説

織田隼人(心理コーディネーター)

告白を失敗させないための注意点

続いて、告白する際に絶対にしてはいけないNG行為をご紹介。告白の成功率が下がってしまうので注意してください。

(1)直接は恥ずかしいからとLINEやメールで告白

告白は直接会って気持ちを伝えることで成功率が高まります。

LINEやメールでは盛り上がりに欠け、告白の成功率も下がってしまうのでもったいないです。せっかく告白するのなら成功率を上げるために会って直接告白をすることをおすすめします。

(2)「今すぐここで返事して!」と告白の返事を急かす

告白しても相手の性格的にはすぐ決断できず、持ち帰りになることがあります。

そういうときに焦って返事を求めると「リスクはとりたくないから断ろうかな」という気持ちになりやすいです。やきもきするかもしれませんが、少しでも成功率を上げるには、待つことも大切。

保留にされたら最大1週間は待つことを覚悟しましょう。

(3)告白の前に体の関係を持つ

先に体の関係を持ってしまうと、特に男性はそこから気持ちが下がっていくだけ。恋の盛り上がりが下降傾向のときに告白することになってしまいます。

男性の場合は体の関係を持つ直前くらいに一番恋の盛り上がりを感じているので、告白するのであれば体の関係を持つ前にしましょう。

告白の成功率を上げるために

せっかく告白するのなら、できる限り成功率を上げたいですよね。

目的は彼と付き合うことです。恥ずかしい気持ちもあるかもしれませんが、それらを振り切って、付き合うための成功率アップ方法を試してから告白してみてください。

(織田隼人)

※画像はイメージです

※この記事は2019年03月31日に公開されたものです

織田隼人(心理コーディネーター)

心理コーディネーター。男女の心理のちがいを伝えることで、男女の行きちがいを少しでも減らすのが目標。著書に「やっぱり彼と復縁したい貴女へ」「彼女と復縁する59の方法」「愛でセックスを買う男・セックスで愛を買う女」などがある。

HP:http://oda999.tea-nifty.com/blog/
復縁のコラム:http://fukuen.kimo.jp/
ツイッター:https://twitter.com/oda_hayato

この著者の記事一覧 

SHARE