お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 結婚

結婚前に必ず話し合っておくべき3つのこと

ものすごい愛

大好きな彼との結婚を目前に控え幸せいっぱいのはずなのに、なんだか浮かない気分のマイナビウーマン読者のみなさま、ごきげんよう。

結婚2年目でいまだに新婚気分が抜けず、愛妻弁当のごはんに桜でんぶでハートマークを描こうとして、夫に「それだけは勘弁してくれ」と止められて必死に我慢しております、ものすごい愛です。

さて、どうですか? マリッジブルー、存分に楽しんでますか?

ちなみにわたしも結婚前に一瞬だけ気分が落ち込んだのですが、「ウォー! これが噂のマリッジブルーか!?」と即座に気づき、大盛りのカツカレーを食べたら治りました。

おそらくあの一瞬の沈みはマリッジブルーではなく、ただの空腹だったのではないかと、今になって思います。

結婚って、人生における大きな決断ですよね。

環境が変わるという部分では、進学や就職、引っ越し、留学なんかも同じですが、結婚は他人と生活の一部が直に重なります。

そう考えると、より一層不安を感じてしまう人も多いのではないでしょうか。

まあ、結婚はしたくなきゃ別にしなくったっていいと思いますし、結婚して気に食わなかったら離婚すればいいだけの話なのですが、大々的に「わたしたち幸せになりまーす! 応援よろしく~!」とアピールして関係各位に祝福されたのなら、できるだけ失敗したくないと思うのは当然です。

そうでなくても、好きな人とできるだけ長く楽しく暮したい、という純粋な気持ちは絶対にありますよね。

そんなみなさまに、「結婚前にこれだけは最低限しておいたほうがいいよ!」と、何も考えずにヘラヘラ暮らしているわたしなりに、僭越ながらアドバイスさせていただきます。

結婚前にしておくべきこと

お互いの財政状況の確認

結婚するとなると、お金がかかります。

両家の顔合わせ、結婚指輪、結婚式、披露宴、新婚旅行、家を建てるなど、何かにつけて銀行の預金残高はみるみる減っていきます。

こういった結婚にまつわるイベントをせずに、お互い仕事が忙しいし入籍だけして近場の温泉旅館で一泊、なんて人ももちろんいらっしゃいますよね。

しかし、結婚というのは大きいイベントではなく、生活の積み重ねです。

毎月の収支がどれだけ明瞭か、どういった部分にお金をかけてどこを節約するかなど、貯金額や給料を知っておくこと以上にお互いの経済観念の擦り合わせをしておくべきだと思います。

子どもの有無の確認

子どもがたくさんいる大家族に憧れがある、子どもは2人ぐらいがいい、子どもを持たないなど、人によって家族のあり方は大きく変わります。

心の理由や体の理由によって、医療の手助けが必要になることもあります。

子どもを産んで終わりではないですし、持たないという選択をしたり持たないという選択をせざるを得なかったりしても、生活は続きます。

せっかく好きな人と結婚するのですから、どんな決断をするにせよ、お互いがきちんと納得できるゴールやそこまでのプロセスを同じ方向で見られるほうがいいですよね。

家事の分担の確認

人それぞれ得意不得意がありますし、やりたいけれど時間的理由や身体的理由でできない人だっていると思います。

ひとつ目でも言わせていただいた通り、結婚は生活の積み重ねで、家事はそれを成り立たせる比重が大きいです。

そのためにも、結婚前にお互いのスキルの提示ぐらいはしておいて損はないのではないでしょうか。

とまあ、これらはあくまでも最低限のことで、いい大人が結婚を前提に交際をスタートさせているのですから、誰に言われるでもなく将来のビジョンについての何気ない意見交換ぐらいしているでしょう。

次ページ:これから結婚する人に「本当に伝えたいこと」

お役立ち情報[PR]