お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 片思い

女性が抱える「恋の悩み」ランキング【解決策つき】

みくまゆたん(恋愛コラムニスト・占い師)

恋は、ハマればハマるほど悩みが尽きないもの。

みんなさまざまな恋の悩みを抱えて生きています。

自分以外の女性がどんな悩みを抱えているのか気になりませんか?

今回は、独身女性にとった「恋の悩み」アンケートで、多かったものをランキングで紹介します。

それぞれの悩みに対し、私なりにアドバイスもさせていただいています。

ひとりで恋に悩んでいる女性や、ストレスで夜も眠れないほど恋に悩んでいる女性はぜひ参考にして下さいね。

女性が抱える恋の悩みランキングBEST10

マイナビウーマンにて、20~30代の未婚女性390人を対象に、自分が抱えている「恋の悩み」とはどういったものかをアンケート調査してみました。

多かったものTOP10をランキング順に紹介します。

私提案の解決策もぜひご参照ください。

10位 恋に前向きになれない&恋愛が面倒

・「恋愛に積極的になれない」(25歳/食品・飲料/事務系専門職)
・「一緒に住んでみないと価値観が合うかわからないから、恋愛は面倒と感じる」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

みくまゆたんのアドバイス

恋に踏み切れない女性は、憧れや恐れを必要以上に抱いている可能性大!まずは、フラットな気持ちで恋に向き合うことからスタートしましょう。

まずは、恋に対する不安や願望を思いつく限り紙に書き出します。書き出した紙を振り返ることで、自分の気持ちを見つめ直すことができます。

理想が多い場合は、「この人を彼氏にしたい」ではなく「この人と恋したら、どんな関係を楽しめるのかしら?」と具体的に考えてみましょう。

9位 彼氏ができない

・「いい人がいても、付き合うまでに至らない」(30歳/食品・飲料/営業職)
・「どうやって付き合うまでにもっていけばいいのかわからない」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

みくまゆたんのアドバイス

彼氏ができない女性は、男性に対して必要以上に構えている可能性があります。いい人がいても、交際に踏み切れないケースも少なくないよう。

彼氏が途切れない女性ほど、自分に興味を持ってくれそうな相手にしか近づこうとしません。フリーの女性は、まずは理想を求めるよりも好意を持ってくれる相手とデートしてみましょう。相手の意外な一面を知り、もしかすると恋に発展しちゃうかも?

彼氏ができない女性のなかには、理想条件に「普通の人でいい」と話すことも。しかし、「普通の人」を条件にすると、ついすべてにおいて少し上である人を求めてしまいがち。「絶対に譲れないポイント」を3つに絞る、妥協ポイントを増やすなどして理想条件を明確にしましょう。

8位 恋愛の仕方がわからない

・「どの人が自分に合うかわからない」(30歳/医療・福祉/営業職)
・「しばらく恋をしていなかったら、恋愛の仕方を忘れた」(32歳/秘書・アシスタント業/その他)

みくまゆたんのアドバイス

恋愛の仕方に正解はありません。恋愛方法にこだわるよりも、まずはあなたが恋を楽しむことが大切です。まずは男性と恋するチャンスを増やしましょう。

男性は自分の話に興味を持ってくれる人を好むので、話を聞くときはしっかり相手の目を見て相槌を打つよう意識して下さい。男性との会話は、なるべく気軽な気持ちで楽しむのがポイント。男性との会話を楽しんでいくうちに「あれ、もしかして?」と気づく日が来るかも?

7位 本命になれず、遊ばれてしまう

・「いつも既婚者を好きになってしまう」(31歳/技術職/団体・公益法人・官公庁)
・「パートナーがいる人に好かれてしまう」(31歳/秘書・アシスタント職/団体・公益法人・官公庁)

みくまゆたんのアドバイス

恋人や妻がいる男性は、心に余裕があり女性からしても魅力的に映るものです。

浮気性の男性は、女性を褒めるのもうまく連絡もマメです。

このようなタイプに惹かれる女性は、最初から自分を大切にしてくれる相手よりも、すぐに気分よくさせてくれる相手を選んでしまいがちです。二番手の女から卒業したいのであれば、不器用でもいいからあなたが会いたいときにすぐ駆けつけてくれる人を選ぶようにしましょう。

6位 駆け引きが苦手、思うように気持ちを表現できない

・「素直になれず本当の自分を彼にさらけ出せない」(26歳/その他/団体・公益法人・官公庁)
・「尽くしすぎるとなめられそうだし、尽くさなすぎると冷たく思われそう」(26歳/秘書・アシスタント業/金融・証券)

みくまゆたんのアドバイス

「彼にどうやって接すればいいのだろう?」と悩む女性は多いもの。しかし、駆け引きよりも大切なのは、お互いの価値観をすり合わせるためにコミュニケーションを図ることです。

男性は、愛する女性に尽くされるのはうれしいもの。彼のためを思って尽くしても報われないのであれば、あなたのことをそこまで好きではないことの裏返しです。ズルズル関係を続けているのであれば、すっぱり切って次に進みましょう。

それでも彼が好きなのであれば、彼に自分の気持ちを知ってもらうためにも「どのような関係を築きたいのか」をしっかり伝えていきましょう。

5位 交際が長続きしない

・「付き合っても長く続かない。相手の悪いところばかり見えてしまう」(33歳/秘書・アシスタント職/その他)
・「両想いになったら飽きる」(25歳/金融・証券/販売職・サービス系)

みくまゆたんのアドバイス

恋が長続きしない理由のひとつに、相手への依存や束縛が挙げられます。または、パートナーに求めることが多すぎて「こんなはずじゃなかった」と思ってしまう女性も多いようです。

恋が長続きしない人は、ついパートナーに依存してしまいがち。人は恋をするとパートナーに心の穴を埋めてほしがりますが、それは恋人への依存、または束縛する原因にも繋がります。

恋を長続きさせるためにも、ひとりで過ごす時間を充実させましょう。彼と会わない日は読書、習い事、サークル活動など趣味に勤しんでみましょう。恋人以外に興味を向けることで、依存心を軽減することができます。

4位 出会いがない

・「職場は女性が多くて、出会いがまったくない」(26歳/医療・福祉/専門職)
・「出会いがない。街コンやマッチングアプリを利用して出会っても、人見知りなので仲良くなりきれずに会わなくなる」(29歳/医療・福祉/専門職)

みくまゆたんのアドバイス

恋活中の女性から、「出会いがない」と聞くことがあります。

今ではマッチングアプリや街コンなどたくさんの出会いツールがあります。それでも「出会いがない」と言う人は、自ら出会いを探すことを面倒と感じているのではないでしょうか。

社会人になると家と職場の往復です。待っているだけで出会いが訪れることはまずありません。本当に出会いがほしいのであれば、出会いの場を選り好みせずにどんどん行動することが大切です。

周囲に恋人募集中であることと理想のタイプを伝えておくのもオススメ。もしかすると、あなたを心配する人が紹介してくれるかも?

3位 人を好きになれない

・「元彼以上に好きになれる人がいない」(24歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「すごく好きになれる人に出会えない」(34歳/その他/販売職・サービス系)

みくまゆたんのアドバイス

意外と多かったのが「人を好きになれない」という悩みです。好きになれない理由はさまざまですが、全体的に人に好意を持つことに対してハードルが高くなっているようです。なかには、過去の失恋がキッカケで恋に恐怖心を抱いている女性もいます。

人を好きになれないというのは、必要以上に恋に対するハードルを上げているからこそ。そもそも恋とは、お互いにドキドキワクワクするためにあるもの。今の出会いと過去の失恋を比較する必要はありません。また、必ずしも理想通りの人があなたを幸せにするとは限りません。

まずは、気軽な気持ちで出会いを楽しむことからスタートしましょう。そして、ちょっとでも「あの人いいかも」と思える相手であれば、話しかけてみましょう。恋とは、思いがけないところに落ちているものです。

2位 結婚できるか不安

・「相手が何を考えているのかわからない。結婚する気があるのか心配」(28歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)
・「金銭感覚や価値観が、結婚後に合うか心配」(24歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

みくまゆたんのアドバイス

このご時世、不景気からプロポーズを躊躇する男性が増えています。しかし、なるべく早く結婚したいと考える女性は多いもの。交際相手のハッキリしない態度にイライラする女性もたくさんいるようです。

さらに、「今の彼と本当に結婚して大丈夫?」と不安を抱えている女性も多かったですね。

交際がスタートすると、彼に結婚を催促するのは気が引けるもの。そのため、交際前から「○年以内に結婚したい」と伝えておくことが大切です。結婚願望のない男性、遊び目的で近づいてくる男性をシャットアウトできます。

もし交際中の彼がなかなかプロポーズをしてくれないのであれば、結婚をテーマにしたイベントに誘うのもオススメです。ちなみに筆者は、ゼクシィフェスタに彼を連れていき、プロポーズされる前に結婚式場の見学予約を行いました。

式場見学では、スタッフから「○カ月以内の予約ならお得ですよ」と言われ、勢いで予約することになりました。実は彼はまだ結婚する気はなかったものの、式場予約を済ませたことでプロポーズの決心がついたようです。

また、今の彼との結婚生活が不安なのであれば同棲、週末同棲をしてお互いの生活習慣をチェックしてみましょう。彼が将来に不安を抱えているのであれば、「もちろん共働きするつもり」と伝えて安心させるのもオススメです。

1位 彼の本当の気持ちが知りたい

・「相手が自分のことを好きかどうかわからない」(30歳/医療・福祉/専門職)
・「相手の気持ちがいつも不安。好きすぎて、少しでも返信がないと誰かと会っているのではないかと心配になる」(30歳/運輸・倉庫/販売業・サービス系)

みくまゆたんのアドバイス

圧倒的に多かったのが「彼の本当の気持ちが知りたい」という悩みでした。筆者自身が受ける相談でも、この手の悩みはあとを絶ちません。

彼に気持ちを伝えられない女性の多くは、相手に遠慮しているからこそ。お互いに遠慮ない関係であれば、「私のことどう思っているの?」と素直に聞けるはずです。

本来であれば、恋に遠慮は無用です。それでも、彼に本当の気持ちが聞けないのは不安があるからこそ。その場合は、言葉ではなく相手の行動で気持ちを読み取りましょう。

男性は、気持ちを開いているときは足、腕など体の部位を広げます。反対に心を閉じているときは、腕や足を組もうとする傾向があります。彼が心を開いているときを見計らって、それとなく尋ねてみるといいでしょう。

もし彼の表情が曇る、または「今度ね」と濁されるのであれば、その後もいい話は期待できない可能性大。

逆に、彼から具体的に話を進めてくれるのであれば、いい方向に進むはずです。心を開いているときの返事は、彼の本心の回答である可能性も高いです。もし無理な恋であれば、この時点で潔く諦めましょう。

次ページ:眠れないほどストレスになる前に! 相談しよう

お役立ち情報[PR]