お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

彼氏から連絡がこない「本当の理由」

高田机上(男女差恋愛学)

連絡をくれない彼氏の対処法

どのタイプにしても、あなたが不安を伝えなければ話は進みません。さらにいえば、「もっと連絡してくれたらうれしいな」では伝わりません。

「現状のままだと不安で関係を維持できそうにない」レベルで伝えないと、彼氏は真剣に考えないのです。

また、感情的になって伝えると、彼氏はあなたを敵認定して「敵の言う通りにしたくない」となり、むしろ態度を硬化させますので気をつけましょう。

まずは日常LINEの男女差を理解する

まずは男女差を理解することで、あなた自身の不安を和らげるといいでしょう。

そもそも男性はLINEのやりとりで関係を深めたり、愛情を確認したりしようという気がありません。なぜなら、LINEは連絡のための手段でしかないから。「おはよう!」と送られても「え、要件は何?」となります。

一方の女性は「私のことが好きだったらいつも私のことを考えてくれているはず(なぜなら私はあなたのことをいつも考えているから)」「だから連絡をするのも苦ではないはず(私が苦ではないから)」と思考してしまいがち。

その結果、「連絡がない→私のことをいつも考えてくれていない→私のことが好きではない」と考えが至ります。

男性のなかにこんな三段論法は存在しないので、日常LINEに対する温度感に差が生まれるのです。

「LINEの要求」は「性行為の要求」と同じと考える

「私のことが好きなら連絡してほしい」というのは「俺のことが好きなら性行為に応じてほしい」と同じです。「したいもの」ではなく「してあげてもいいもの」という捉え方ができます。

筆者のブログでこの問題について書いていますのでご参照ください。

【男女差恋愛学】恋人はあなたの性欲や不安を解消するためにいるのではない

このLINEの件と性行為の件でお互いに納得できる方法はありません。そこにはお互い歩み寄って痛み分けする折衷案しかないのです。

ポイントは「ルール決め」

したがって、カップルそれぞれが話し合ってルールを決めるのがおすすめです。

彼女側は仕事中などの決めた時間には連絡しないとか、彼氏側は対応できる時間にはできる限り対応するとか。あとは、長いラリーはしないルールにするとか。

カップルごとにお互いがどこまで我慢できるか、何が我慢できないかがちがうので、ここで筆者が提唱できる明確なルールはありません。

このルールは2人で話し合って決めてみてください。

次ページ:足りないのは「愛」じゃなくて「話し合い」

お役立ち情報[PR]