お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

絶対に別れたくない。彼氏・彼女を説得する方法

藤本シゲユキ(リアライフカウンセラー)

彼氏や彼女と「どうしても別れたくない」と思っている人に向けて、リアライフカウンセラーの藤本シゲユキさんが、恋人が別れたがっている理由や別れを回避する説得方法を教えてくれました。

「恋人がいるけれど、正直今あまりうまくいっていない……」
「なんだか、今にも別れそうな不穏な空気が流れている……」
「でも、絶対に別れたくないから、どうしたらいいんだろう?」

こんなお悩みを抱えている方もいらっしゃるかもしれません。

今回は、危機的状況にいるカップルに向けて、「交際を続けるために今できること」を解説します。

Check!

赤い糸でつながっている? 「運命の人」診断

「別れたい」と思った時に見せるサイン

そもそも、相手が本当に「別れたい」と思っているのかは、言葉で伝えてもらわないと分からないものです。しかし、別れを切り出すのには勇気が要りますし、その分の体力や気力も使います。

そこで、直接言葉で確かめるのではなく、行動や態度から「別れたい」と思っているのかを確認してみましょう。

(1)明らかに今までと態度が違う

デートの時、どう考えてもいつもと様子が違う。表情は曇っているし、口数も少ない。目を見て話さないし、どこか落ち着きがなくよそよそしい。

別れを意識した人間のほとんどが、このような態度になります。むしろ、いつもと変わらず恋人に接することができる人の方が、少ないのではないでしょうか。

このように、人は罪悪感や良心の呵責、相手に対する嫌悪感や疑惑を抱いたら、必ず態度に出るものです。

(2)連絡頻度が目に見えて少なくなった

「釣った魚に餌をやらなくなる」という一説があります。

これは、普段からあまりマメではない人の場合、交際前後の期間は連絡が多いけれど、時間が経つにつれて元の連絡頻度に戻るという、あるあるの現象ですね。

しかし、交際期間が進むにつれて連絡頻度が落ちるのかと思いきや、それほど変わっていなかったのに、今になって連絡頻度が目に見えて少なくなってきたら、要注意かもしれません。

なぜなら、交際当初から連絡頻度が変わらなかった人が、明らかに連絡が減ってきたのには、何かしらの理由がそこにあるからです。

(3)デートに誘っても断られる

デートに誘っても断られることが増えてきたら、それは相手が別れたがっているサインかもしれません。

ただ、部署異動や転職などで急に忙しくなる人も中にはいるので、この場合は仕事上の環境が変わったことにより、デート時間の確保が難しくなったというケースになります。

しかし、仕事やプライベートの環境が変わったそぶりはないのに、いつもなら空いているであろう曜日や時間帯を狙ってデートに誘っても断られることが続けば、それは危険信号かもしれません。

その断り文句も、「最近ちょっと忙しくて」「実家が今大変で」というように、詳細がいまいち分からないような理由だとしたら、それは別れの前兆であることも珍しくはないです。

(4)異性の影がある

これは恋人に異性の影があり、「何となくその人のことを気になっているのではないか?」という疑惑があるケースです。

例えば、SNSで見ず知らずの異性と一緒に写真に写っていた、会話の中でその異性に関する話題が出てきたなど、きっかけはさまざま。そして、そういったきっかけから、日に日に恋人の態度がおかしくなってきた。

そんな時は、恋人の気持ちがあなた以外に向いている可能性があります。

(5)連絡が返ってこない

これは、1日、2日程度なら何かの理由から連絡が返ってこないこともあるかもしれませんが、普段連絡をこまめに返してくれていた人が、1週間近く返事が来ない場合は自然消滅を狙っている可能性が浮上します。

この場合、「仕事がめちゃめちゃ忙しい」とか「最近気持ちが疲れてて……」などの理由をつけてから、音信不通にするケースがよく見られます。

もちろんこれは体のいいうそだということが多いのですが、なぜそうするのかというと、もっともらしい理由があった方が、自然消滅になってもあまり自分が悪者にならなくて済むからなんですね。

中には、昨日まで仲良くしていたのに、翌日から急に音信不通になるという人も存在します。

連絡頻度は人それぞれバラバラなので、ケースバイケースではありますが、恋人から1ヶ月近く連絡が返ってこない場合は、相手が自然消滅を狙っていることが多いと考えられるでしょう。

次ページ:「別れたい」と思う理由

SHARE