お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

彼がいるのに寂しい。「孤独を感じる」理由と対処法

小日向るり子

孤独を感じたときの対処法とは?

常に孤独を感じてつらい、という場合は適切な医療機関や専門家とともに、根本から自分の思考の癖を見つめて修正していく必要がありますが、時折襲ってくる孤独感情は上手に対処して受け入れていきましょう。以下はオススメの対処法になります。

SNSを見ない

孤独を感じるときは承認欲求(誰かに認めてほしいという感情)も強くなっています。そんなときにSNSをひらくと、どうしても楽しそうな様子やそれについているたくさんの「いいね!」を見てしまいます。そして自分の現状と比較してさらに落ち込むことになります。スマホを持つと習慣でSNSアプリを開いてしまうという人は、スマホそのものを手に取らないように隙間時間を埋めていきましょう。

ひとりの人が多い場所に行く

「自分ひとりじゃない」という気持ちは心を落ち着けてくれますので、ひとりでいる人が多い場所に行ってみましょう。特に森林浴はオススメです。最近は「山ガール」という言葉もあるように、森や山に行く女性は多いですし、ひとりで行く人も増えているようです。樹木から出る香気成分は自立神経に作用して精神の安定をもたらしてくれます。森を歩いていたらスマホを見る時間もありませんよね。天気がいい日は思い切って緑がある場所に出かけてみましょう。

他人のために時間を使う

前述しましたが、孤独を感じるときは依存心が高くなっている証拠です。いつも与えてもらうだけでなく、自ら与えることでバランスを取りましょう。ボランティアや趣味の団体に入っている人は積極的に参加してください。また、両親と同居している人は家族のためにご飯を作ったり家の中を徹底的に掃除したりするのもオススメです。ちょっとした「ありがとう」の言葉が孤独を一気に癒してくれます。

好きなことをひとりで徹底的にする

孤独な感情に支配されているときは心が弱っている証拠。他人に求めるのではなく、自分自身で自分の心をいたわってあげましょう。お休みの日は自分が心地よいと思うことを思う存分味わいましょう。このときのポイントはひとりでできることをすること。アラームをかけないで好きなだけ寝る、マッサージやエステで贅沢気分を味わう、日帰り温泉でだらだら、好きなものを思い切り食べる、など一日の終わりに「ひとりでも今日はこんなに楽しかった」と思えることをしてみてください。

孤独を受け入れ、上手に付き合っていきましょう

そもそも孤独感情はすべての人間が持っているものです。ですから孤独を感じる自分を弱い人間だと思う必要はありません。ただ、孤独感に支配されて飲み込まれてしまうことは避けたいものです。上記にあげた対処法も参考にしながら、孤独感情を受け入れ、上手に付き合っていきましょう。

(小日向るり子)

※画像はイメージです。

お役立ち情報[PR]