お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

結婚前の同棲は危険? メリット&デメリット

藤本シゲユキ(リアライフカウンセラー)

カウンセリングをしていると、「結婚前に同棲をしてもいいのでしょうか?」というご相談をいただくことがよくあります。今回の記事では、結婚前の同棲についてのメリットやデメリットについてお話させていただきます。

結婚前に同棲するメリット

僕個人の見解としては、結婚前に同棲しないのは、内覧せずに家を買うような危険行為だと思っています。

なぜ結婚前に同棲したほうがいいのか、そのメリットをまずはご説明させていただきますね。

(1)相手との生活スタイルの相性がわかる

一番の理由はこれに尽きると言っていいでしょう。恋人同士で旅行すると、今まで知らなかった相手の一面を見てケンカすることがあるとよく聞きますが、同棲生活は、否が応でも相手のそういった一面を見てしまいます。

生活リズム、食の好みや価値観、家事の方法など、こういったことがズレればズレるほど、どちらかの人間が同棲生活にストレスを感じる傾向にあるようです。

長時間一緒にいてお互いがストレスを感じないかどうかはものすごく重要です。生活スタイルの相性がいいカップルなら、部屋が多少狭くても共同生活を運営できますし、相性が悪いカップルなら、たとえ広々とした3LDKの部屋で別々に暮らしていたとしても、同じ空間にいるというだけでストレスを感じます。

いくらお互いのことを知っているといっても、一緒に住まないとわからないことのほうが多いです。もし、同棲をせずに結婚をして相性が最悪だった場合のことを想定して、僕は結婚前の同棲を推奨します。

(2)金銭的な負担が減る

これも大きいです。もともと実家住まいだった人や、カップルの収入格差が激しい場合は当てはまらないかもしれませんが、家賃や光熱費、食費や雑費を折半にすることを最初に決めておけば、金銭的な余裕がかなりできますし、浮いたお金を結婚資金や2人の将来のために貯蓄することも可能です。

また、恋人の金銭的な価値観も同棲生活を通じて知ることができますね。

(3)物理的な距離が近いので寂しさを感じにくい

寂しがり屋の女性にとっては最大のメリットになるといってもいいのではないでしょうか。

そしてこれは女性だけに限らず、ひとり暮らしが長かった男性だと、「家で待っていてくれる人がいる」という安心感はかけがえのないものです。

とはいえ、これは同棲して最初の数カ月限定の楽しさであることが多いです。この楽しい期間だからこそ、今後のことを踏まえていろんなことを話し合っておくことをおすすめします。

次ページ:結婚前に同棲するデメリット

お役立ち情報[PR]