お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 片思い

「モテたいだけの男」に要注意! モテたい心理と特徴5つ

井上敬一

こんにちは、恋愛評論家の井上敬一です。

「恋愛は、所詮錯覚である」と私はよく言っています。

恋愛に夢中になっているときには夢のように素敵な瞬間がたくさんあります。しかし、恋愛を裏で操作しているのは遺伝子 だったとしたらどうでしょうか。

好きな人ができたから「結婚したい」「子どもがほしい」という感情がわいてくるのではなく、遺伝子にプログラミングされた“種の保存“という目的が先にあり、それを達成するために、遺伝子が恋愛を作り出したとしたら。

「モテたい」という男性の気持ちについても、そんな遺伝子の考え方が関与しているのではないか、と私は考えています。

男性の「モテたい心理」はもはや本能

男性にとって「モテたい」という気持ちは、もはや本能です。

「モテたい」というと、その人の意思のように思えますが、そうではありません。「子孫を残せ」と命令している遺伝子が作り上げた感情なのです。

男性については、自分の種をできるだけ多く撒き散らすことが、生物としての最終ゴールである“種の保存”につながります。そのため、遺伝子に突き動かされ、「モテたい」という欲求に行き着くのではないでしょうか。

男性370人を対象に、モテたいか、モテなくてよいかを尋ねたアンケートでは、以下のような結果が得られました。

Q.あなたは女性にモテたいですか?

モテたい(63.8%)
別にモテなくてよい(36.2%)
※有効回答数370件

63.8%と「モテたい」男性の割合が多い結果となりました。先ほど説明した通り、生物としての究極のゴールである子孫繁栄を目的に、遺伝子に突き動かされて生まれたのが「モテたい」という欲求です。

この欲求は本能と直結しているので、100%に近い男性が「モテたい」と答えたとしても、不思議ではありません。

「別にモテなくてよい」と答えた36.2%の人の中には、自分はモテないと自覚しているため恋愛を諦めている人、モテないことを認めたくないため「モテなくてよい」と答えている人が少なからず含まれていると思います。

また、20代前半の若者の中には、まだ自分の遺伝子を残すという本能が芽生えていない男性も。そういったタイプも「モテなくてよい」と回答していると考えられます。

次ページ:「モテたい男」は恋愛感情がなくても女性を口説く

お役立ち情報[PR]