お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

専門家に教わる「モチベーションアップ」の秘訣

高見綾(心理カウンセラー)

モチベーションアップの方法

もしモチベーションが下がってしまったら、どのようにして回復させるといいのでしょうか? 適切なモチベーションアップの方法を高見先生に聞いてみました。

今すぐできるモチベーションアップの方法

以下の5つのことを試してみてください。

(1)自分にご褒美を用意する

旅行や趣味のイベントに行く予定を立てたり、給料でほしいものを買うなど、自分にご褒美を用意します。「繁忙期が終わったら休みを取って沖縄に行こう!」と思えば、楽しい予定に向かって前向きな気持ちで仕事に取り組むことができます。

(2)友だちと一緒にサポートし合う

誰にも相談せずに悩みを抱え、自分だけで解決しようとしていると、あるとき限界がくることがあります。友だちに話してお互いにサポートし合うことができると、またがんばろうと思えます。今後の目標や進みたい方向性についても話しておくとなおいいですね。

(3)自分を褒める

自己肯定感が低いとモチベーションは下がりやすくなります。「今日一日を振り返って、自分を5個褒める」をセルフワークとして行ってみましょう。紙に書いてみるのもいい方法です。

(4)誰かを笑顔にしようと考える

ちょっとしたことでいいので、お客様や会社の同僚など、目の前の人を笑顔にしようと考えましょう。それが「そのために私は何ができるのだろう?」と創意工夫につながります。私たちは「誰かの役に立ちたい」と思っています。誰かの笑顔に貢献できた! と思えると、大きなパワーが湧いてくるものです。

(5)「あんなふうになりたい」と思える人を見つける

尊敬できる人やビジョンになる人を見つけましょう。その人を目標にできるため、進む方向性が明確になり、これがモチベーションアップにつながります。

次ページ:モチベーションアップの効果

SHARE