お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 人間関係

声が震える! 人前で話すのが苦手な人のための克服法

萩原かおり(心理カウンセラー)

こんにちは、心理カウンセラーの萩原かおりです。人前に立つと緊張してしまい、なかなかうまく話せない人からよく相談をいただきます。人前で堂々と話せる人になるには、どうすればいいのでしょうか。今回はうまく話せない原因を紐解きながら、人前で話すのが苦手な人のための克服法をご紹介します。

「人前で話すのが苦手」は何が原因?

なぜ大勢の人の前ではうまく話せないの?

大勢の人の前でうまく話せない人は、人前で話すことに対して不安や怖れを強く感じています。不安や怖れがあると多かれ少なかれ緊張してしまい、判断能力が落ちるため、うまく話せなくなるのです。「うまくしゃべれないんじゃないか」「失敗して自分の価値を下げたくない」などと思えば思うほど、言葉に詰まってしまいます。

人前で話すのが苦手な人の共通点

心配性

「こうなったらどうしよう」
「もしかしたらこんなトラブルが起きるかもしれない」

といったあらゆる可能性を想定して、心配のあまり不安になっていませんか? 心配性の方は、人前で話すのも苦手な方が多いです。というのも、自分でどんどん先回りして悪い未来を予想するからです。小さな不安が積み重なって「どうしよう、どうしよう」と慌ててしまい、頭が真っ白になります。そんな状態では冷静に話を組み立てることはできませんし、声もうわずってしまいます。うまく話せないのは当然です。

プライドが高い

「絶対に失敗したくない」
「できる人間だと思われたい」

と考えがちなプライドが高い方も、人前で話すのが苦手な方が多いです。プライドが高いゆえに完璧主義になり、必要以上に自分に強いプレッシャーをかけてしまうのです。その結果、しゃべっている途中にちょっと言いまちがえたり、少しセリフが飛んでしまったりするとパニックになります。小さなミスで一気に不安になるのです。そうすると、慌ててしまって正常な判断ができません。プライドが高い方は、まだ人前で話すことに慣れていないうちは失敗しやすいタイプだと言えるでしょう。

次ページ:「人前で話すのが苦手」を克服する方法

お役立ち情報[PR]