お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド デート・カップル

付き合っていない女性のお金を使い込む男の心理 #純粋すぎる俺たちの恋愛

桐谷ヨウ

浮気、借金、モラハラ……。いわゆる「ダメ男」を好きになってしまい、泣かされた経験のある女性も多いのではないだろうか。だけど男性側にも、そのような行動をとってしまう理由がある。そう、彼らに言わせてみれば、純粋な気持ちで恋愛しているだけなのだ。恋愛コラムニストの桐谷ヨウさんとマイナビウーマン編集部が、ダメ男の心理を徹底分析する連載【純粋すぎる俺たちの恋愛】。ダメ男に縁があるすべての女性に捧げます。

今回は、スマホの販売をしているゴウさん(仮名/26歳)が登場。なんと彼、優しそうな顔立ちとは裏腹に、過去に付き合っていない女性のクレジットカードで20万円も使い込んだというエピソードの持ち主。もはや犯罪スレスレ(というかアウト)な行為の裏側には、どんな心理が隠されているのでしょうか。

バイト代の3倍!? 女子大生から大金を搾取した男

整った顔から放たれる笑顔は、同性の桐谷氏もドキドキするくらい破壊力大。

――付き合っていない女性のクレジットカードで20万円を使い込んだという話を聞きました。正直、人としてどうかと思っています。

ゴウ あ、30万円ですね。

桐谷ヨウ 事前情報を上回ってきたよ!!(笑) クレジットカード事変はいつ起こしたの?

ゴウ 学生のときだったので、23歳くらいです。相手は1歳下の大学生で、バイト先の女の子。

――まず付き合ってない女性のクレジットカード、勝手に使っちゃダメですよ。犯罪です。

ゴウ ぼくは付き合ってるつもりなかったんですけど、あっちは付き合ってると思ってましたね。だから問題ありません。あと勝手にじゃないです。「ぼくが使うためのクレジットカードを作って」って頼んだんです。で、それを彼女が同意したから、ぼくが持ち歩いてました。

桐谷ヨウ 開き直りがすっげぇな!! まあ女の子と遊べて、なおかつお金も引っ張れるなんてそりゃ楽しいと思うけど。でもさ、人には良心というものがあるじゃん? いくら女の子が同意したとはいえ、さすがに30万円もの大金を使い込むのは申し訳ないなってブレーキをかけなかったの?

ゴウ ブレーキをかけて30万円です。

桐谷ヨウ ということは、本当はもっと使いたかった?

ゴウ はい。でも彼女のクレジットカードの審査上、30万円が限界だったんです。

――それは良心によるブレーキではなく、物理的なブレーキ……。だいたい大学生で30万円って相当大金ですよ。支払いが不可能じゃないですか?

桐谷ヨウ 大学生どころか、30歳すぎた俺でもノータイムで使えない額だよ。

ゴウ そうですかね?

――本当に人の子なの? 悪びれる様子まったくなし。

桐谷ヨウ バイト代なんてたかがしれてるよね。その子、いくら稼いでたの?

ゴウ 彼女はぼくよりシフト入ってたので、かなり稼いでましたよ。10万円くらい。

桐谷ヨウ 全然足りない! 算数できないの?

ゴウ 彼女の親から仕送りがあったので、それで支払ってましたね。あと、1カ月で30万円使ったのは1回だけ。ほかは毎月10万円くらい。

――合計いくら搾取したんですか?

ゴウ 60万円くらいかな。

桐谷ヨウ けっこう搾取したなー! で、そのお金たちはいずこへ?

ゴウ ホテル代ですかね。

桐谷ヨウ 確実に彼女とのホテル代じゃないな……。

ゴウ 正解です。

――でも利用明細を見れば、一発で彼女にバレますよね。彼女はその事実を知らなかったんですか?

ゴウ 彼女バカだったから、それっぽいこと言えば「そうなんだ~!」って納得してました。

――最低すぎて開いた口がふさがらない。彼女の親が聞いたら泣くわ。大事な娘のために汗水垂らして働いて稼いだお金が、こんな使い道になってるとは……。ご愁傷さまです。

大金搾取だけじゃない。倫理観ギリギリの所業

桐谷ヨウ ゴウさんにとって、女性は搾取する対象なの?

ゴウ そんなふうには思ってません。常に対等な関係です。

――でもやってることは200%搾取ですよ。

ゴウ 形は搾取かもしれませんけど、同意のもとでやってることだから。悪いことをしているって感覚はないです。

桐谷ヨウ 相手の女性に対して可哀想って思わない?

ゴウ 可哀想と思う基準は人それぞれじゃないですか? まわりから見たら60万円も使い込んだ事実は“可哀想”なことかもしれないけど、ぼくと彼女からするとふつうのことでした。

ゴウさんのぶっ飛んだ価値観に言葉を失う&遠い目の桐谷氏。

桐谷ヨウ お、おう……。えっと、彼女からもらったものに対して、同等のものを返さないといけないって感覚はない?

ゴウ 一緒にいてあげるだけで十分じゃないですか? 相手もそれで喜んでますし。

桐谷ヨウ 存在価値高っけぇな!!(笑) ほかに女の子にやったひどいことは?

ゴウ 自分の誕生日は彼女からプレゼントをもらうけど、彼女の誕生日が近づいたら別れるって行為を10人中4人やりましたね。身銭切りたくないんで。

桐谷ヨウ えー、俺だったら女の子に対しては、ご飯ご馳走したり、プレゼントにお金使ったりしたくなっちゃうなぁ。

ゴウ それは好きな女の子だからですよね?

――あ、ゴウさんも好きな女性には身銭を切るんですか?

ゴウ もちろんですよ。食事もちゃんとご馳走します。

――じゃあ女の子が「私が出すよ!」って言ったら?

ゴウ そこは乗っかります。

桐谷ヨウ 出さないんだ(笑)。

ゴウ どう思われようが、痛くもかゆくもないです。

桐谷ヨウ ゴウさんは、悪いことを正当化して話すのがうまいんだと思う。自分の意思を強く持っていない女の子だと、つい騙されちゃいそう。詐欺師とか向いてそうだよね。

ゴウ 詐欺師ですか? なるほど、いいですね……(真剣な面持ちで考えはじめる)。

――ダメですよ。これ以上人を騙して、お金を搾取して、罪に罪を重ねるなんて。

ゴウ 罪のミルフィーユですね。

桐谷ヨウ 誰がうまいこと言えと……。

――……もう帰っていいですか?

こんなことを言ったら各方面から苦情がきそうですが、ゴウさんは今まで出会った男性のなかで群を抜いてクズでした。本人は否定していましたが、彼にとって女性は恋愛する対象ではなく、搾取する存在のようです。しかも、本人は一切悪いと思っていないから余計タチが悪い。本命になれれば人として扱ってもらえるかもしれませんが、可能性としては限りなく少ないです。ゴウさんのように異常なまでに自己肯定感が高い男性に出会ったら、すぐに逃げましょう。

次回は、女性の自尊心を傷つける【モラハラ男】が登場します。

(取材協力:桐谷ヨウ、イラスト:watasack、文・撮影:マイナビウーマン編集部)

お役立ち情報[PR]