お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム デート・カップル

剛力彩芽の炎上騒動から見えた「2つの嫉妬心」

ヨシムラヒロム

女優・剛力彩芽と「ZOZOTOWN」運営会社のスタートトゥデイ・前澤友作社長が世間を賑わせている。堂々とレッドカーペットを恋人同士で歩くハリウッドスターとは異なり、日本人セレブは恋愛をひた隠すことが多いもの。「見えないから、知りたい」と大衆は動向を追い、週刊誌が撮る。これが今までの芸能界のあり方だった。

しかし、2人はSNSにて堂々と交際宣言。2ショットではないものの、同じ場所にいたとわかる写真も公開。「被写体は剛力、撮影は前澤」「被写体は前澤、撮影は剛力」ってな具合にラブラブやってくれている。

他人の幸せは泥の味。2人を追いつめるアンチたち

話は少し逸れるが、日本人の性根を表す。

ことわざは「他人の不幸は蜜の味」。ゆえに「他人の幸せは泥の味」となる。SNSで漏れ伝わる2人の楽しげな交際に覚醒したのが、アンチだった。

剛力彩芽と前澤友作は大いに叩かれることになった。いや過去形ではないな、叩かれているNOW。この原稿を書いている7月27日13時現在、前澤社長のTwitterにはアンチとのやりとりが残されている。

2人の交際に難癖をつけても許されるかもしれないのは、剛力彩芽のデビューシングル『友達より大事な人』を買って、2014年11月2日にラゾーナ川崎で開かれた3rdシングル『くやしいけど大事な人』のリリースイベントにも参加し、彼女が司会を務める『奇跡体験!アンビリバボー』を毎回見て、「ランチパック」を昼飯としている剛力彩芽のファンだけだ。もしくは、時間と費用をかけて剛力彩芽を育てたオスカープロモーションのスタッフ。

しかし、人間は論理だけで動いていない。そりゃ「自分の人生と比べて、圧倒的に楽しそうな2人がイラつく」という嫉妬心も理解できる。

今回の騒動、男女の2つの嫉妬心でアンチ誕生へと至った。
女性の場合。大金持ち前澤社長に愛されている幸せな剛力への嫉妬。
男性の場合。事業で大成功して美術作品を購入し、そして有名女優・剛力までも手に入れた前澤社長への嫉妬。

ただ難儀なのが、Twitterでアンチコメントを送っている当人たちが、自らの嫉妬心に気づいていない点だ。その打開策を考えてみた。前澤社長にリプライを送る際、冒頭に「嫉妬心からなんですが、」という文面をTwitter社がデフォルトでつけちゃうのはどうだろか。そしたら、アンチコメントは半分以上減ると思う。

他人の幸せを妬む心は、どう解消すればいい?

そんな冗談はさておき、前澤社長にあーだこーだ言うことで性根のストレスは解消しない。カリカリしている人には癒しが必須だ。「ZOZOTOWN」よりも「ZOO」にでも行って、動物を見ることをオススメしたい。のんびりと昼寝しているカバを見ると、イライラもおさまってくるはず。これは経験談だ。

7月24日、前澤社長は剛力彩芽のインスタグラムのURLに添えて「撮影 by 前澤友作。この笑顔が大好き」とツイート。どんなアンチコメントがあるのかと見たところ、応援コメントも意外と多くて驚く。

最後に余談となるが、ナイスなリプライがあったので貼っておく。

「前澤さん、かっこいいです。
僕、有名人で明日花キララさん以外にコメントしたことないんですけど。
あまりのかっこよさに、応援したくなりました。
伝わるか、わかりませんが。
本気で応援しています。
PS
僕も経営者になって中条あゆみさんと結婚します。」

彼にも夢を叶えてほしいものだ(正しくは「あやみ」だけど)。

(文・イラスト:ヨシムラヒロム、構成:マイナビウーマン編集部)

お役立ち情報[PR]