お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

付き合って4カ月目に起こりがちなトラブルと対処法

橘夢人

付き合って最初の3カ月ぐらいは、お互いにいいところばかりが見えるもの。しかし、当然ながら、100%欠点のない人など存在しません。4カ月目に入り、お互いの性格がわかってくると、それまで気づかなかった嫌な面も目についてしまうもの。また、付き合い立てのころのような新鮮な気持ちが失われたり、マンネリを感じたりもしがちです。このような理由から、付き合って4カ月目は、カップルにとってトラブルが多い時期ともいわれています。

4カ月目を無事に乗り切り、パートナーと長く関係を続けていくには何が大切でしょうか? 恋人と1年以上交際を続けている女性へのアンケートから探っていきましょう。

男女の意識の差がトラブルの原因?

付き合って4カ月目は、本当にトラブルが起こりやすい時期なのでしょうか? トラブルが起こりやすいとすれば、何が原因となっているのでしょうか? それらを明らかにするため、女性のみなさんに、付き合って4カ月目に生じやすい恋人とのトラブルについて教えてもらいました。

付き合って4カ月目はどんな時期?

・「付き合い始めはマメに連絡が来ていたが、だんだんマメではなくなり不安になってくる」(34歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「ありがとうやごめんねを言わなくても当たり前になってしまい、感謝の気持ちを伝え合わなくなる」(30歳/学校・教育関連/その他)

・「休日の過ごし方について、出かけたい派と家でのんびりしたい派とで意見が食い違う」(29歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「休みのたびに会うことが義務化してきて、ひとりの時間がなくなってしまう」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「その人の癖や習慣、金銭感覚など素の部分が出やすくなる。初対面の印象と大きな差が出てくると戸惑うことがある」(30歳/アパレル・線維/販売・サービス職)

やはり付き合って4カ月目ごろは、緊張感や新鮮な感覚が薄れてきて、さまざまなトラブルが生じるようです。トラブルの原因としては、気持ちを伝え合うことを疎かにしてしまったり、男女の意識の違いがあったりすることが考えられます。

次ページ:4カ月目を乗り越える。倦怠期対策

お役立ち情報[PR]