お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 ボディケア

専門家が教える! コンディショナーの本当の使い方とコツ

齊藤あき(美容師・毛髪診断士・美養研究家)

コンディショナーの選び方

コンディショナーはさまざまな商品が出ていますから、その中でどれを選べばいいか迷ってしまいますよね。そこで、コンディショナーを選ぶ際のコツを教えてもらいました。

ポイント1:髪質

一般的なコンディショナーは油剤+シリコーン+カチオン(カチオン界面活性剤)+保湿剤(プラスα補修成分)で構成されています。中にはノンシリコーン(カチオンのみ)のものや、保湿や補修成分配合のものがあるので、それをうまく利用すると良いでしょう

たとえば、直毛、くせ毛の人は、髪のまとまりや指通りをよくするためにも、「シリコーン配合」のコンディショナーがオススメです。シリコーンを配合することで手触りがさらによくなり、しっとり感も出るので髪がまとまりやすくなります。

逆に髪がべたつきやすい、髪がぺたんとしやすい、細い、という人はノンリコーンがいいですね。同じノンシリコーンのものでも、ふんわりと仕上がる「カチオン配合」のものがオススメです。

乾燥やパサつき、ダメージが気になる人は、保湿や補修成分が配合されたタイプがいいでしょう。アルガンオイルやホホバオイル、シアバターなど、植物油が配合されたものも、乾燥やパサつきに効果があります。

下に、コンディショナーを構成しているカオチンやシリコーン、保湿成分のうち代表的なものをまとめてみました。

カチオンの代表成分

・べヘントリモ二ウムクロリド
・ジステアリルジモニウムクロリド
・セトリモ二ウムクロリド
・ステアラミドエチルジエチルアミンなど

シリコーンの代表成分

・ジメチコン
・シクロメチコン
・アモジメチコン
・ジメチコールなど

保湿・補修成分

・セラミド
・加水分解ケラチン
・加水分解コラーゲン
・加水分解コンキオリン(真珠由来のタンパク質)
・ポリクオタ二ウムー51、61(リピジュア)
※加水分解のものは、分子が小さいので浸透性がよいのが特徴です

コンディショナーを選ぶ際は、その効果だけでなく含まれている成分も確認してみるといいですね。

ポイント2:髪形

カラーリングをしている人やパーマをかけている人、またロングヘアの人は、髪がどうしても傷みやすいので、シリコーン配合のものや補修成分が配合されたタイプのコンディショナーがオススメです。また、ショートヘアーはノンシリコーンでカチオンタイプのものがいいですね。カチオンは、べたつきがなくふんわり仕上げてくれるのでオススメです。

ポイント3:季節

シャンプーの場合は季節に合わせて使い分けをするのが好ましいのですが、コンディショナーは髪のダメージや状態で使い分けるのが重要ですので、季節はあまり関係がありません。ただ、やはり冬場は乾燥しやすく髪もパサつきやすいので、帯電を防止する効果のあるものや、保湿効果に優れたコンディショナーを使うようにするといいでしょう。

次ページ:コンディショナーは髪のダメージや状態で使い分けよう

お役立ち情報[PR]