お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

プロポーズで失敗しないために。心得るべきポイント

おぜきめぐみ

人生の決して外せないイベントのひとつ、プロポーズ。大切なプロポーズで失敗しないためには、事前に成功させるポイントを知っておくことが大切です。今回はそんなプロポーズを控える男性のために、失敗体験談とともに女性が望むプロポーズについてご紹介します。

■プロポーズで失敗した男性の体験談

プロポーズを失敗したことのある男性はどのくらいいるのでしょうか。さらに、男性たちのプロポーズ失敗談をご紹介します。(※1)

◇失敗経験がある男性の割合は?

Q.あなたは、プロポーズで失敗したことがありますか?

はい(14.4%)
いいえ(85.6%)
(※1)有効回答数397人

◇プロポーズ失敗エピソード

☆タイミングが悪かった

・「プロポーズするのが早すぎて、ひかれてしまった」(42歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「海でプロポーズをしようと思ったら直前に雨が降り、彼女が帰りたい素振りを見せ雰囲気が台無しになった」(41歳/医療・福祉/事務系専門職)

☆空回ってしまった

・「インパクトを残したかったので全裸でプロポーズしたら大失敗」(41歳/情報・IT/営業職)

・「不倫相手に『嫁と離婚するから結婚しよう!』と言ったら断られた」(46歳/建設・土木/技術職)

☆指輪トラブルが起きた

・「サプライズで渡した指輪のサイズが合わなかった」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「指輪を車のアタッシュケースに置いてきてしまった」(27歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

相手がまだ結婚について考えていなかったり、逆に伝えるのが遅すぎて相手は別の人を探してしまっていたりと、タイミングによって失敗した方が多いようでした。また、あまりにも準備不足で相手にされなかったというケースもあるようです。

◇プロポーズのために用意した指輪の行方は?

☆処分した

・「売ってしまい手元にはありません」(43歳/医療・福祉/専門職)

・「海に投げてしまいました」(46歳/その他/その他)

☆再利用した

・「次のプロポーズの相手に渡した」(48歳/農林・水産/技術職)

・「そのときはまだネックレスの状態だったのでそのままにしておき、今の奥さんのプロポーズのときに使いました」(48歳/その他/技術職)

プロポーズの際には指輪を用意していなかったという方も少なくないなか、指輪を用意したうえで玉砕した場合は、処分するか、次回に備えて保管するかの2択となったようです。同じ相手への再挑戦のために再利用するのは当然ですが、次の相手のために保管することについては、女性としてはちょっと複雑な気もしますね。

次ページ:プロポーズで失敗しないためには?

お役立ち情報[PR]