お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 コーディネート

【体型お悩み別】着やせ効果のある服の選び方と着こなしテクニック

都外川八恵(ととかわやえ)

お尻まわりやおなかまわり、足、二の腕など、誰しも体型で気になる部分のひとつや2つはあるもの。どんなアイテムを、どのように身に着けると、服の着やせ効果を最大限活かすことができるのでしょうか? スタイリング&カラーコンサルタントの都外川八恵さんに、着やせ効果のある服の選び方や、コーディネートのテクニックについて解説してもらいました。

服選びに役立つ! 押さえておきたい着やせテクニック

着やせ効果を狙うには、太って見えてしまう色やシルエットなど、コーディネートの基本を知っておくことが大切です。

着やせ効果のある服の特徴と着こなし方のポイント

色の選び方

最も着やせ効果のある色は、収縮して見える「低明度色(暗い色)」です。最低明度の「黒」のほか、ネイビーやブラウン、ワインレッドなど、ダークな色だと着やせ効果が期待できます。ただし、低明度色は「重たい色」でもあるため、使いすぎると重量感や圧迫感を感じさせてしまうことも。大きな面積に低明度色を使用するときは、軽めの素材を選ぶなど、メリハリをつけましょう。

特に太って見える服の形

タートルネックやスタンドカラー(立ち襟)など、首筋やうなじ、鎖骨(デコルテ)などを隠してしまうような形の服は、太って見えやすいので要注意。手首や足首など、体の細い部分を隠してしまうようなデザインの服も、太って見えやすい服の代表格です。また、横長に伸びる「水平ライン」が多い柄やシルエットも、視線が横に流れるため着膨れして見えがち。ウエストのくびれがないワンピースなども、残念ながら太って見えてしまうので避けましょう。

体の見せるべき場所・隠すべき場所

首筋やうなじ、デコルテ、手首、足首は、意識して出すようにすると、華奢に見えやすく、こなれた雰囲気を醸し出すことができます。体型で気になる部分がある場合は、「隠すなら隠す」「出すなら出す」といった思い切りが必要です。人の視線はヨークやカットされた部分など「切り替え部分」に行きやすいため、中途半端な隠し方だとそこに視線が集中し、返って太って見えてしまうのです。

次ページ:顔まわり、お尻、脚……着やせ効果のある着こなしって?

お役立ち情報[PR]