お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

太って見えるのがイヤ! 明日から使えるアラサー女性の着痩せコーデ術4つ

ファナティック

お気に入りの洋服を着たのになんだかあか抜けなくて、しかも太って見える。そんな失敗をしないためにも絶対に着痩せできるコーデ術を知っておくとよさそう。今回はアラサー女性のための「すぐにできる着痩せコーデ」について聞いてみました。

■締め色を上手に使う

・「濃い色で細身のインナーを、ふんわりした素材・形のトップスの下に着る」(29歳/人材派遣・人材紹介/技術職)

・「黒のインナーに明るめのカーディガン」(33歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「黒が痩せて見えるらしいので、うまく取り入れるといいと思う。色も合わせやすい」(24歳/食品・飲料/専門職)

引き締まって見える濃い目の色を上手に使ってコーディネートすると着やせ効果バツグン。全身を黒などでまとめるのではなくインナーに使ってアウターは明るめの色にしておくとこれからの季節でも暑苦しさがありませんね。

■トップスかボトムスのどちらかをコンパクトに

・「ガウチョパンツにぴったりしたかんじの白トップスを着て、ロングカーディガンを羽織ってアイラインを作る」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「ゆったりしたトップスにピタッとしたパンツだとスタイルよく見える」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)
・「自分の場合は、トップスはゆるめで、スキニーとかはいてる。お腹辺りはカバーできるので」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

全身がダボッとしていると太って見えがち。上半身をコンパクトにまとめたら下半身にボリュームを出すなどトップスかボトムスのどちらかをコンパクトにまとめるのがスタイルよく見えるコツのようですね。

■「首」のつくパーツを見せる

・「足首のみえる長さのパンツだとほっそりしてみえる」(32歳/その他/事務系専門職)

・「首元、手首、足首を見せる」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「パンツをロールアップして足首を出す」(28歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

「首元・手首・足首」など「首」とつくパーツを見せることでほっそり見せる効果も。ほかのパーツよりも細いところを強調することで着やせ効果を狙えそうですね。

■ラインのキレイなワンピースを着る

・「ワンピースを着て、体のラインをきれいにみせる」(26歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「ハイウエストでタイトなワンピース」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ウエストにリボンがあるシンプルな膝丈ワンピース」(23歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

コーデに困ったときに大活躍のワンピースもラインのキレイなものを選べば着やせ効果がありそう。ハイウエストだったりどこかにワンポイントがあると自然にメリハリボディに見せることができそうです。

薄着の季節になるとボディラインの気になるところも隠せなくなりますが、コーディネート次第では上手に隠しつつ着やせ効果のある着こなしが可能。これでお気に入りの洋服がクローゼットの肥やしになることもなさそうですね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2015年4月24日~30日にWebアンケート。有効回答数165件(22歳~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません

※この記事は2015年05月03日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE