お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

しなきゃよかった。浮気を後悔した女性のエピソードと対処法

織田隼人(心理コーディネーター)

過去の浮気を後悔したら……対処法とは

アンケートによれば、浮気をしてしまい、そのことを後悔して苦しんでいる女性も多いようです。そんな過去の浮気を後悔している場合、女性たちはどうしたらいいのでしょうか? 織田さんに対処法を教えてもらいましょう。

浮気を後悔したときにするべき対処法

カウンセラーや占い師など関係の薄い人に話す

悶々とした悩みや後悔というのは人に話せばかなり気持ちが楽になるものです。人に自分の気持ちを吐き出すことによって、考えも整理できるからです。

友人や知人などに話すと浮気した事実が広がる可能性もあるので、できるかぎり自分と関係が薄くて話を聞くのが上手な人に話すのがいいでしょう。カウンセラーや占い師などにお金を払って話を聞いてもらうのもオススメです。

匿名のブログやSNSに書く

匿名のブログやSNSなどに浮気の事実を書いてしまうのがいいです。文章であっても自分の気持ちを吐き出すと、前述の通りそれだけで楽になります。

大事なのは自分の名前がまったく知られていない場所で書くことです。自分の身元がバレれば浮気したこともバレてしまうので、絶対にバレないよう新規にアカウントをとるなどしてあくまでも匿名の形で書きましょう。

おいしい物を食べる

嫌な気持ちというのはいいことがあるとある程度は中和されるものです。おいしい物を食べると幸せを感じるので、自分の嫌な気持ちが少しですが中和されます。おいしいお酒を飲むのでもいいです。とにかく自分を「気持ちのいい状態」に置いてみましょう。

教訓にして過去の出来事にする

後悔している浮気については、「浮気はよくないということを学んだ」という形にして、過去の出来事にしてしまいましょう。過去の出来事にするコツは教訓を自分に残すことです。教訓を残すと「未来」の自分に目線がいくので過去にとらわれにくくなるからです。

もう浮気をしないと自分自身に決まりを作る

もう絶対に浮気をしない、と自分自身にけじめをつけましょう。誓いを立てるように「浮気は絶対しない」と自分に決まりを作るといいですね。未来の自分の決まりごとを作って、過去は振り返らないようにしてみましょう。

浮気を後悔したときにやってはいけないこと

彼氏に浮気の事実を話す

彼氏に浮気の事実を話すと自分の気持ちは晴れますが、彼の気持ちは離れますし自分の未来にとって何もプラスになることはありません。浮気をしたことにより凹んだ自分の気持ちを彼に押しつけて、彼がただつらい思いをすることになります。

彼につらい思いをさせる意味はないので、彼に浮気した事実を伝えることはやめておきましょう。

彼以外の男性に恋愛相談をする

彼以外の男性に恋愛相談をすると、浮気をした事実を伝えたくなります。伝えるとその男性から浮気に誘われやすくなり、また浮気をしてしまう可能性が高まります。

また、相談相手の男性に好ましく思われていなかった場合には、浮気の話が彼氏に伝わってしまう可能性があります。彼氏に伝わると最悪な事態になりますので、浮気した事実はほかの男性に言わないようにしましょう。

自分自身に罰を与える

自分の体に傷をつけたり、自分で自分を罵るような行為をすると一瞬は自分の気持ちが晴れます。しかし、また自分を傷つけたい気持ちがわいてきて、その行為はどんどんエスカレートしてしまう傾向があります。

自分に罰を与えても何も解決に向かいません。特に自分の心の問題は自分と折り合いをつけない限り解決しません。

自分を傷つけても前には進めません。「未来をどうするのか」を考えましょう。

実名や身バレしているSNSなどで浮気を匂わす文章を書く

浮気をしたことをなんとなく匂わせて自分の気持ちを晴らそうとしたり、浮気をしたときの気持ちや浮気を後悔している気持ちなどならバレないと思い、自分の身元がバレているSNSなどに投稿したくなることがあるかもしれません。

しかし、それらは足がつきやすくあとで後悔してしまうことになるので、絶対に投稿しないようにしましょう。切ない、悲しい、後悔している、みたいな文面であってもそこから浮気の匂いを嗅ぎ取る人は出てきます。浮気に関係したことは「書かない」ことをしっかりと貫きましょう。

次ページ:浮気を後悔する人は多い。でも後悔だけでは先に進めない

SHARE