お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム デート・カップル

ストーカーから守ってくれた彼の正体は…… ♯本当にあった怖い恋愛

パンジー薫

「事実は小説より奇なり」とあるように、実際にあった恋愛ほどおもしろい話はない(と思う)。浮気、束縛、ストーカー……。世の中に潜む「怖い恋愛話」を、恋愛研究所・所長ゆうこ&助手エリカが調査。さぁ、今宵も震え上がろう!

へたれ所長・ゆうこ(32):都内某所にある「恋愛研究所」の所長。男女の恋愛話を集め、恋愛心理を研究するのが仕事。生意気な助手のエリカにいつも振り回されて疲弊している。好きなゲームはソリティアで、夜な夜なレベルを上げている。

キラキラ助手・エリカ(25):「恋愛研究所」でゆうこの助手を務めている。ルブタンのハイヒールを履いて港区を闊歩するのが日課。夢は年収1,000万円以上の男と結婚して玉の輿に乗ること。好きなゲームはオンラインのバトルロイヤルゲーム。

今回のゲスト・ミミ子(32):ゆうこの大学時代のゼミ仲間。IT企業で事務を務める。ゆうこ同様ソリティアが好きだが、最近はスマホでできるオンライン大富豪がマイブーム。

ここは都内某所にある「恋愛研究所」。現代に生きる男女の恋愛話をかき集め、恋愛心理を日々分析・調査している。本格的に梅雨入りしたこの日、2人のもとにやってきたのはゆうこの大学時代の友人ミミ子。彼女が持ってきた話は、雨でジメジメした空気を恐怖で凍らせることに……。

はぁ~。とうとう来ましたね。憎き梅雨のシーズンが。
本当ね。朝はサラサラヘアで菜々緒のようだったのに、今はボンバーヘッドもいいところ。スキマスイッチの片割れみたいになっちゃったわよ。
ちょっと所長、話盛りすぎ~。いくらなんでもそれはないでしょ……

 

……って、マジだった!!
湿気がひどくて直りそうもないから、今日は特別にゆうこボンバーヘッドver.でお送りするわね。

#03「ストーカーから守ってくれた彼の正体は……」

さて、本当にあった怖い恋愛・第3回のゲストはミミ子ちゃんです!
ゆうことは大学時代のゼミ仲間です。よろしくお願いします。
へぇ~! ゼミで何を勉強していたんですか?
ソリティアの攻略法です。
ゲームをクリアするまで黙々とプレイするのよね。5徹していたあのころが懐かしいわ~。
ふっ。甘いわねゆうこ。私なんて……6徹だからね!
くっ!
いやいや、大学じゃなくて家でやれ! そして5徹とか6徹とかハンパねーな!
若かったわよね、あのころは。それで、今日聞かせてくれる話って?
うん、会社の後輩、K子(25歳)の話なんだけど……。彼女、ストーカーにばかり好かれるらしいの。
えっ、そんな子がいるんですか? 私は一度もストーカーされたことないのに……
エリカは強そうだから、ストーカーが逃げ出すのかしら?


所長の失言がひどい。

 

K子が最初にストーカーされたのは大学時代。映画好きの男女7人が集まった仲よしグループに所属していたK子は、メンバーのひとりだったM男と『スター・ウォーズ』ファン同士で意気投合。ヨーダの肌はわさび色(すり下ろしたわさびのような薄い黄緑色)か若葉色(夏前の草木の若葉のようなやわらかい黄緑色)かの議論で、出会った日から盛り上がったわ。だけどその日の夜に、M男から奇妙なLINEが届いたみたいで……。
ごくり。
『俺さ、いま引っ越しを考えているんだけど、K子の隣の部屋って空いているよね?』というメッセージとともに、K子の隣室の物件情報が送られてきたの。でも、自宅の場所なんて話した覚えがないK子。ふと窓の外を見たら、なんとアパートの外の電柱の陰からK子の部屋を見上げるM男の姿が!
すごい、マンガに出てきそうな典型的なストーカー! ってか怖!!
その後、K子は仲よしグループを抜けて家も引っ越すことで、事なきを得たわ。でもせっかくできた友人たちと距離を置かなきゃいけなくなったうえに、引越し代もかさむわで、入学当初は散々だったみたい。
泣き寝入りしたんですね、かわいそう。
引っ越すことですんなり諦めたM男はまだマシかも……。その次に知り合った第2のストーカー、会社同期のS男はとてもしつこかったみたい。
えっ、またストーカーされたの!? しかも別の男に?
イケメンで上司からの評判もよかったS男。そんな彼を最初は気になっていたK子だったんだけど……。会社の飲み会の帰り道、突然S男が頭痛に苦しみはじめて『今夜は自力で家に帰れそうもない』って訴えてきたらしいわ。K子は悩んだすえ、S男を家に上げて看病したんだけど、それが悲劇のはじまりだったの。
K子やさしいなぁ。そんなの下心見え見えだし、私だったら絶対に断りますよ。
この日以来、S男から『実家に帰ったから』『旅行をしたから』『素敵なものを見つけたから』って適当な理由とともに、K子へのプレゼント攻撃がはじまったの。しかも、わざとみんなの見えるところで渡すものだから、周囲からは『ヒューヒュー!』『ラブラブだねぇ』なんてイジられるようになって。
でも、K子もまんざらでもなかったんじゃない?
最初はね。でもある日、S男から『家の前にいるから会えないかな?』というLINEが突然届いて、外に出てみると本当にいる。K子は少し気味の悪さを感じながらも、S男にどうしたのか尋ねてみると、『俺、お前のことが好き。だからがんばります! あ、ちなみに俺はしつこいからね……?』という謎の宣言をされたとか。
えー、イケメンなら許す。
所長、嘘でしょ!?
それからはK子の退勤時間を見計らって帰りの電車を合わせてきたり、K子の家の前を『ここ、俺の散歩コースなんだよね』と頻繁に通るようになったり……。挙句、K子の行きつけのバーのマスターと仲よくなって、K子を囲い込もうとまで!
うーん、イケメンならギリ許す。
いやいやいや! イケメンでもストーカーはダメ、ゼッタイ!
K子が映画『ハリー・ポッター』の敵キャラを引き合いに出して『あなたと付き合うくらいならヴォルデモートのがマシ!』って塩対応をしたのにもかかわらず、ストーカー行為は止まらなかったんだとか。
結構なことを言われているのに! まさかその男、『ハリー・ポッター』を見たことない……?
その可能性が高いわね。
いやあぁぁ!(ハリポタファン)
そして迎えたクリスマスの日。仕事を終えたK子はS男につかまらないよう、寄り道をしまくって帰途についたの。ところが地元駅に降り立つと、そこには真冬なのに上着も羽織らずK子を待つS男の姿が!
ロマンチック……。
どう考えてもホラーだから!!
S男は強引にK子を近所のバーに連れて行くと、そこで2回目の告白&クリスマスプレゼントを渡してきたそう。この行動にとうとうK子はブチ切れ。『ヴォルデモートのがマシだって言ってんだろ!』とキッパリ断り、その後は転職までしたんだとか。
ひえ~! 今度は職場を変えるはめにまで……。
この話にはまだ続きがあってね。同じ会社に、ストーカー問題の相談に乗ってくれていたH男という先輩がいたの。バーに着いたときも、H男先輩に『M男に無理やり近所のバーに連れて来られた』ってLINEを送ったら、深夜にもかかわらずタクシーを飛ばしてK子を迎えに来てくれたらしいの。そしてこれをきっかけに、2人はめでたく付き合うことに……。
ええ話や~!
世の中、まともな男の人だっていっぱいいますもんね。
でもね、私が最初に言ったこと覚えてる? K子はストーカーにばかり好かれる女だって……。
え……まさか……。
そう、そのまさか。自分をストーカーから救ってくれた彼氏も、実はストーカーだったのよ!

 

 

ひえええええ!!!!

 

だっておかしいと思わない? 付き合っているわけでもない会社の先輩が、『近所のバーに連れて来られた』というLINEひとつで、K子の居場所が特定できたって。
当然、家の場所も特定済みだったってわけか……。
鈍感なK子は、付き合いはじめて1年後に友人に指摘されて、初めてその真実に気づいたそうよ。怖くなって別れたあとも、元彼という特権(?)を利用して毎日のように家に押しかけてきたとか。
めっちゃ怖~~~~っ!
さすがに警察に通報したみたいで、今は平和に暮らしているわ。
危ないと思ったらすぐ警察に相談したほうがいいですよね。
そのとおり。人を愛するのは素敵なことだけど、それがあまりにも行きすぎると、ストーカーや傷害事件に発展することもあるから気をつけたいものね……。
所長もよく元彼のFacebookをネットストーキングしていますもんね。

 

やめろ言うな。

 

本当にあった怖い恋愛・03「ストーカーから守ってくれた彼の正体は……」
恐怖レベル★★★☆☆

(文:パンジー薫、イラスト:あべさん)

※登場人物の設定はすべてフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません。

お役立ち情報[PR]