お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

好意を伝える方法って? 専門家が教える効果的な好意の伝え方3つ

織田隼人(心理コーディネーター)

男性に好意を伝える効果的な方法

では、男性に好意を伝える効果的な方法とは、どんなものがあるのでしょうか。効果的なアピール方法を聞きました。

LINE・メールの場合

感情豊かな表現やスタンプを使うと、好意が伝わりやすくなります。特に明るい感じのものを使うようにしましょう。「感情を相手に示す」ということは、打ち解けている=好意があるという意味に捉えられやすいです。顔文字、絵文字、スタンプなどをたくさん使って、相手に楽しい気持ちを積極的に伝えていきましょう。

手紙の場合

手紙の場合は、手書きで丁寧に文字を書いていきましょう。「文字」を見れば、相手がどれだけ気持ちを込めて書いているのかがわかります。反対に走り書きの場合、相手にも「さっと書いている」というのが伝わってしまいます。たとえ字があまり上手でなくても、丁寧に書くように心がければ、その気持ちは相手に必ず伝わります。また、手紙だけではなく、メモを渡す場合などであっても、好きな相手に渡す際は、丁寧な字を書いて好意が伝わるようにしましょう。

直接言葉で伝える場合

相手のいいと思うところを素直に伝えると、好意が伝わりやすいです。たとえば、「いつもがんばっているところがいいな」と思っていれば、「いつもがんばり屋さんなところが素敵ですよね」というように、素直な気持ちを相手に伝えるとよいでしょう。好きな相手のいいところなら、たくさん見つけられますよね。それを相手に伝えれば、どんどん自分の好意も相手に伝わっていきます。

次ページ:女性から好意を伝える際に注意すべきこと

SHARE