お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男性が送る「好意のサイン」を徹底解説!

ファナティック

01

男性は好きな女性ができたとき、好意があることを女性に伝えるためにどんなサインを送るのでしょうか。会話の中で送るサインやLINEで送るサインなど、あらゆる好意のサインについて詳しく解説します。

■好きな女性に送る好意のサイン

02
男性は好きな女性と接するとき、どんな好意のサインを送るのでしょうか。好きな女性と話すときに送るサインや、LINEで送るサイン、職場で送るサインについて男性の本音を調査しました。(※1)

◇好きな女性との会話で送る好意のサイン

まずは、好きな女性と直接会話をするときに送る好意のサインを調査しました。

☆笑顔を見せる

・「笑顔でオーバーリアクションで話すようにする」(23歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「とびっきりの笑顔や好きな人の話をよく聞いて笑ってあげる」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

会話をしているときに笑顔を絶やさない男性だと、自分に気があると考えられそうですよね。話をしていて楽しいからこそ、自然と笑顔も増えるのでは。

☆相手を褒める

・「とりあえず好意的に褒めてみるかな」(37歳/商社・卸/営業職)

・「その子だけ褒めて、相手の反応を伺う」(28歳/情報・IT/技術職)

相手を褒めることで、好意を表す男性もいるようです。相手にいい気分になってもらうことで、自分に好意を抱いてほしいのでしょうね。

☆積極的に話しかける

・「積極的に話しかけて、相手のことをもっと知りたい様子を見せる」(36歳/医療・福祉/専門職)

・「積極的に話しかけることが多くなる」(37歳/情報・IT/技術職)

好きな女性には、とにかく積極的に話しかける男性も多いようです。話をすることで、相手のことをより深く知ることもできますものね。

☆目を見て話す

・「目を見て話します。なるべく会話を広げようとします」(31歳/印刷・紙パルプ/技術職)

・「目を見て話すことが多くなると思います」(37歳/機械・精密機器/技術職)

目は口ほどに物をいうと言うことわざの通り、目を見ると相手の気持ちが伝わってくることもありますよね。

☆優しい口調になる

・「優しい言葉で好感を得るように話す」(34歳/商社・卸/その他)

・「優しい口調になると思います。ゆっくり話すと思います」(39歳/自動車関連/販売職・サービス系)

好きな人には特別優しい口調になってしまうものかもしれませんね。相手を大事にしたいという思いが、言葉に表れているのではないでしょうか。

◇好きな女性にLINEで送る好意のサイン

03
それでは、LINEではどんな好意のサインを送るのでしょうか。男性のみなさんに聞いてみました。

☆ハートマークを使う

・「ハートの絵文字などを多くしたり、楽しいこと中心に送る」(37歳/金融・証券/営業職)

・「ハートマークの入ったスタンプが多くなる」(39歳/学校・教育関連/その他)

好きな相手にはハートマークを多く使用する男性も多いようです。普段はハートマークなど使わない男性なら、かなり本気度が高そうですね。

☆絵文字を入れる

・「絵文字や顔文字を多用して、できる限り感情を伝える」(30歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「絵文字を普段より多用する。明るい感じのメッセージにする」(38歳/医療・福祉/専門職)

文面に絵文字を入れることで、全体で優しい雰囲気のメッセージを表現できるもの。文章だけだと、どうしても冷たいイメージになりますものね。

☆丁寧になる

・「丁寧な文章で意図が伝わるように書く」(39歳/学校・教育関連/専門職)

・「丁寧に話す。雑には話さないようにする」(36歳/情報・IT/その他)

どうでもいい相手だと、文章もきつくなったり、雑になることがありますが、好意を抱いている相手には、丁寧になるようですね。

☆食事に誘う

・「食事やデートに誘ってみる行為」(37歳/情報・IT/技術職)

・「食事や出かける誘いを頻繁にする」(31歳/医療・福祉/専門職)

食事に誘うことで、相手に対する好意も表せるもの。興味のない相手だと、食事に誘うことすらありませんものね。

☆会いたいと伝える

・「会いたい気持ちをまっすぐストレートに気持ちを伝える」(37歳/金融・証券/事務系専門職)

・「会いたいね、次いつ暇? などアピール」(39歳/情報・IT/営業職)

ストレートに会いたいとアピールする男性もいるようです。遠回しな言葉より、ずっと相手に響きそうですね。好きな人には、好意を積極的に表すLINEを送る男性が多いようです。

◇職場で送る好意のサイン

04
職場に好きな女性がいる場合、男性はどんなサインを送るのか調査しました。

☆相手の席に行く

・「たいした用事じゃなくても、その人の席に行く」(36歳/建設・土木/技術職)

・「その人のところへ行く用事を増やす。お菓子をあげる」(36歳/機械・精密機器/技術職)

好きな相手なら、特に用事がなくても相手の席に近づくことが多いようです。少しでも近くにいたいと考えているのでしょうね。

☆休憩時間に話しかける

・「休憩しているときに話しかけたり、困っていそうなときには悩みを聞いてあげる」(33歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「休憩時間とかに、長く話そうと話をのばす」(32歳/その他/販売職・サービス系)

休憩時間はできればゆっくり休みたいと思う人も少なくないのでは。わざわざ自分の大事な休憩時間を使ってまで話しかけてくると、相手の好意を感じますよね。

☆困っているときに助ける

・「仕事などで困るときに手伝うことしかないです。それ以外だと不自然になるので」(39歳/商社・卸/営業職)

・「困っていたりしたら、すぐに助けてあげたりする」(32歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

自分が困っているときに、すぐに助けてくれる男性からは、好意を持たれていそうですよね。いつも見ているからこそ、困っていることにすぐ気づくのではないでしょうか。

☆仕事を手伝う

・「仕事を手伝ったり、ミスしたときに励ましたりする」(29歳/金融・証券/営業職)

・「仕事を手伝ったり、気遣いを見せる」(28歳/小売店/販売職・サービス系)

男性が仕事を積極的に手伝ってくれるのは、相手に好かれたい下心があるのかもしれませんね。少しでも好感をあげたいと思っていそうですね。

☆積極的に話しかける

・「積極的に話しかける。相手に興味があることが伝わると思うから」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

・「積極的に話しかけて、自分に興味を持ってもらう」(39歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

積極的に話しかけることで、相手に好意を伝えたいと思う男性も少なくないようです。好きな相手とは、ずっと話をしていたいと思うのでしょうね。

お役立ち情報[PR]