お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
PR 出会い

恋愛相談は友達にするのが正解? 相性がいい相手を“客観的に”教えてくれる存在とは

恋愛相談は友達にするのが正解?

あなたは恋愛の悩みについて、誰に相談していますか? 友達に相談するという人が多いかもしれません。でも、それは正しい選択でしょうか? 友達はあなたのことをよく知っているかもしれませんが、相手の男性のことはそれほど知らないことも多いもの。友達が自分と相手の相性を客観的に見てアドバイスしてくれるとは限らないのです。では、いったいどうすればいいのでしょうか? ここではその解決方法をご紹介します!

■恋愛相談は相手が重要

悩みがあると友達に相談するという人は多いかもしれません。仲のいい友達であるほど、自分の気持ちをわかってくれているような気がして、つい相談したくなりがち。でも実は恋愛相談の相手こそ、きちんと選んだほうがよいのです。

◇友達に相談するメリット

まず、友達に相談するメリットとしては次のようなことが考えられます。たとえば、気心の知れた友達になら、他人には言いにくいことでも相談しやすいでしょう。また、詳細を伝えなくても、ある程度自分のことを理解してもらえるということもあるかもしれません。

◇友達に相談するデメリット

一方で、友達に相談するデメリットもあります。友達はあなたのことをよく理解してくれているかもしれませんが、恋愛相手である男性のことを知っているとは限りません。そのため、客観的な意見になりにくく、偏ったアドバイスになりがちです。恋バナとして話は盛り上がるかもしれませんが、その後の恋愛がうまくいくかは未知数といえるでしょう。

◇相談相手は慎重に選ぶべき

恋愛の悩みを解決するためには、客観的な意見が必要な場合も多いものです。特に「相性」に関しては、一方の性格や価値観だけでは判断できないものです。しかし、相談相手が親しい友人だと、どうしても相談者に都合のいいアドバイスになりがちです。その結果、恋がうまくいかなくなってしまうこともあるのです。

だからこそ、恋愛相談をするときは、客観的な立場で判断してくれる相手に相談することも大切と言えるでしょう。

■客観的に“相性のよさ”を教えてくれるものって?

とはいえ、利害関係がまったくなく客観的な意見を述べてくれる人って、なかなかいないですよね。何か別の方法があれば知りたいもの。特に相手がまだいない場合には、客観的な意見をもとに自分にぴったりな相手を見つけて、悩みのないお付き合いをしたいですよね。

◇メンタリズムを活用したマッチングアプリwith

そこで、ご紹介したいのが、メンタリストのDaiGoさんが監修しているマッチングアプリ「with(ウィズ)」です。「自分のことは自分がよく知っている」と思いがちですが、意外と自分のことは分かっていないもの。その点、「with」はメンタリズムで自分の価値観を解析し、その価値観とぴったりな相手とマッチングしてくれます

◇相性のいい相手をどうやって見極めるの?

「with」はよくあるマッチングアプリのように、登録している男性をランダムに紹介するものではありません。性格診断でDaiGoさんからの質問(選択形式)に答えると、自分の性格や価値観を分析してくれます。同じ回答をした相手だけでなく、場合によっては全く違う回答をした相手と気が合うということもあるはず。そういった部分も、きちんと診断してマッチングしてくれるのです。これまでうまくいかなかったのは、もしかしたら自分の価値観や異性のタイプを客観的に見ることができていなかったからかも。「with」 なら自分の嗜好や価値観を客観的に分析してくれるので、本当に自分と相性のいい相手を見つけることができます。

■まとめ

いかがでしたか? 恋の悩みは、友達に相談するのもいいですが、「with」に任せてみるのもいいのではないでしょうか。「with」で相性ぴったりの男性との素敵な出会いを見つけてみませんか?

with iPhoneアプリはこちら

with Androidアプリはこちら

(インタースペース お試し隊)

提供:インタースペース

お役立ち情報[PR]