お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 漢方

【漢方ビギナーQ&A】漢方薬にも副作用はあるの? 副作用例と対処法

古屋京子

自然の生薬からなる漢方薬。安心安全なイメージがありますが、果たして副作用はあるのでしょうか? 連載第3回の今回は「副作用の有無や副作用が見られるときの対処法」などについて、八丁堀石川クリニック院長で漢方専門医の古屋京子先生に解説してもらいました。

pexels-photo

■あるorない!? 漢方薬の副作用って?

漢方薬には副作用がないというイメージを抱く女性もいるはず。でも、本当のところはどうなの? さっそく先生の解説を見ていきましょう。

◇漢方薬には副作用がある?

漢方薬は自然の生薬なので、西洋薬に比べると副作用が少ないです。また、どの生薬にどんな副作用があるか、ある程度解明されているのも漢方薬の特徴。重篤化するのはごく稀ですが、薬である以上、副作用がゼロとは言えません。

◇漢方薬の副作用例とは?

副作用を起こしやすい生薬には、「甘草」(カンゾウ)、「黄芩」(オウゴン)、「山梔子」(サンシシ)、「麻黄」(マオウ)、「附子」(ブシ)、「桂皮」(ケイヒ)、「当帰」(トウキ)などがあります。それぞれ主な副作用の症状が異なります。

中でも注意が必要なのは、「甘草」。「甘草」は多くの漢方薬に含まれている生薬なので、併用する際「甘草」の過剰摂取にならないよう気をつけましょう。摂りすぎてしまうと、ナトリウムが排出されず、むくみや血圧上昇、低カリウム血症による手足のしびれなどの症状があらわれます。

とはいえ、どんな副作用にしても、定期的に漢方専門医に相談をすればまず問題ありません。安心してくださいね。

次ページ:普通の薬と一緒に飲んでOK!? 漢方薬の飲み合わせ