お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 メイク

ちょっとしたコツで雰囲気美人に! 引き算メイクで「今どき顔」になる方法

MANAMI

好きな人とのデートなど、気合いが入る日のメイクはついつい濃くなりがち……。なんて人も多いのでは? 実はばっちりメイクより、ちょっとだけ引き算したメイクのほうが垢抜けて見えます。そこで今回は、「引き算メイク」についてMANAMIさんに解説してもらいました。

女性

■引き算メイクの基本

そもそも引き算メイクはどのようなメイクのことを指すのでしょうか。ここでは、引き算メイクの基本について解説します。

化粧道具

◇引き算メイクって?

ベースメイクから目元、頬、口元までのポイントメイクまで、すべてやりたいことをやりたいようにしていると、「がんばっている感」や「無理している感」が出ることも。引き算メイクは、フルメイクするのではなく、どこか「引き算」することで、抜け感やこなれ感を出すことができます。

◇引き算メイクをするときのポイント

☆質感を合わせる

粉っぽいマットな肌にギラギラのグロスなど、あまりにちぐはぐな質感のものを合わせると、見ているほうが違和感を覚えます。質感を変える場合は、まったく別の質感に変えるのではなく、「マット×ハーフマット」「ハーフマット×ツヤ」など、半分くらいの気持ちで調整しましょう。

☆色に統一感を持たせる

目元は青、チークはオレンジ、リップはピンクなどの合わせテクは、かなり上級者でないと難しいです。初心者さんは、チークとリップをオレンジ系、目元とリップをピンク系など、ポイントメイクのうち2つを同系色にするだけでもまとまり感が出ます。

☆トーンに気をつける

色は同じでも、ビビッドなピンクと淡いベビーピンクでは、受け取るイメージがかなりちがいます。なので、ブルーアイシャドウにチークとリップをピンクにして同じペールトーンにしましょう。トーンを合わせれば、ポイントメイクの色使いで遊ぶことができます。

☆主役のポイントメイクを決める

眉もしっかり、アイシャドウもしっかり、マスカラもしっかり、アイラインもしっかり、リップもしっかりのようなメイクは、ファッションとの相性も限られます。目元を強くするならリップはグロス、赤リップにするならブラウンシャドウにぼかし眉など、どこかを主役にするならどこかを弱くして、バランスをとりましょう。

☆すべてのラインを引きすぎない

眉アーチ、アイラインハネアゲ、リップラインシャープなど、ラインを引きすぎると、顔がうるさくなるどころか古めかしく感じることも。ラインにも強弱が必要なので、主役にするパーツ以外のラインは、少し細くしたりぼかしたりするなど、あいまいにするくらいが今っぽくなります。

次ページ:【引き算メイクのやり方】ベースメイク編

お役立ち情報[PR]