お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 不調

【眼科医監修】こすると悪化!? 今すぐ目のかゆみを解消する方法・4つ

久保木香織

目がかゆくてたまらない! そんなとき、今すぐ目のかゆみを解消する方法があれば知りたいですよね。この記事では、目のかゆみの原因や解消法について、眼科医の久保木香織先生に解説してもらいました。

222

■目のかゆみの原因って?

まずは、目のかゆみの原因について見てみましょう。

◇アレルギー性結膜炎

かゆみの原因として、よく花粉症がよく挙げられますが、ダニやホコリ、ペットの毛、最近では、PM2.5や黄砂によるアレルギーも増えてきています。今までアレルギーの経験がなかったのに、突然発症したということも少なくありません。症状は、かゆみだけではなく、ゴロゴロとした異物感や充血、目やになどの症状があります。悪化すると、結膜(白目)がブヨブヨのゼリー状に腫れることも。

予防は難しいですが、いつも同じ季節にかゆみが起こる場合、花粉症の可能性があります。毎年かゆくなる数週間前から「抗アレルギー治療(内服や点眼)」をしておくと、花粉の時期も症状が軽度で済むので、かかりつけの眼科を見つけておくと安心です。

ほかにも、エクステを装用する際に使う“接着剤”に対してのアレルギーにより、炎症を起こすこともあります。まつげエクステを装用してから、充血やかゆみが持続する場合は、まつげエクステを速やかに除去して、眼科受診してください。

◇感染性結膜炎

感染性結膜炎は、大きくわけると①ウイルス性結膜炎、②細菌性結膜炎の2つ。ここでは、それぞれの特徴についてご紹介します。

☆ウイルス性結膜炎

ウイルス性結膜炎はウイルスが原因で、炎症によるかゆみもありますが、大半は充血や目やにをともなう症状が多いです。感染の予防は風邪と同じで、防ぎようがありません。しかし、少しでも感染のリスクを下げるためにも、日ごろから顔や目に触れるもの、たとえば、タオルや枕カバーなどを清潔にしたり、指先を清潔にしておくことが大切です。

☆細菌性結膜炎

細菌性結膜炎は、身のまわりにいる微生物や細菌に感染することで発症します。具体的には、ブドウ球菌や肺炎球菌、インフルエンザ菌、レンサ球菌、淋菌、緑膿菌など、さまざまなものが挙げられます。ほかにも、まつげエクステの装用も注意が必要です。まつげとエクステの間に化粧品が残ってしまうと、まつげの生え際が不潔になり、感染の原因になります。麦粒腫・霰粒腫(めぼ・めばちこ)になることも。予防として、アイメイクをきちんと落とすなど、常に目のまわりを清潔に保つことが大切です。目に触れる可能性があるもの(手指や枕、タオルなど)を清潔にしておきましょう。

◇コンタクトレンズの汚れ

コンタクトレンズの汚れも、目のかゆみの原因になります。予防としては、コンタクトレンズの洗浄を怠らないことが一番大切です。しかし、毎回しっかり洗浄をしていても、汚れてしまうことがあります。場合によっては、コンタクトレンズの種類を変更しましょう。また、ハードコンタクトレンズの場合、洗うときにこすりすぎて、レンズのコーティングがなくなっている人も。購入後は、なるべく眼科で検診を受けるようにしましょう。

◇ドライアイ

目の乾燥が強いと、本来の涙の働きである自浄作用不足により、異物除去がスムーズにできないことがあります。そのため、かゆみの直接的な原因ではありませんが、ドライアイはアレルギー症状を悪化させる可能性があります。

次ページ:目のかゆみの解消法

お役立ち情報[PR]