お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【専門家が回答】好きすぎて苦しい片思いの対処法

織田隼人(心理コーディネーター)

片思いが苦しいときの対処法

では、片思い中の苦しい気持ちは、どうすれば和らげることができるのでしょうか。こちらも、心理コーディネーターの織田さんに、その方法について解説してもらいましょう。

苦しさを紛らわす4つの対処法

(1)繰り返し作業、単純作業をする

wool-knit-knitting-needles-basket-48199

編み物をしたり、テトリスなどの単純なゲームをしたり。人間は繰り返し作業や単純作業をすると、深く考えることをやめようとするので、その間は胸の苦しみを感じにくくなります。

その理由は、繰り返し作業や単純作業の最中に考えごとをすると、人はミスをしやすくなるから。ミスをしないようにと脳が働くことで作業中はそれ以外のことを考えられなくなり、無心で取り組むことができるようになるのです。この“無心になる人間の仕組み”をうまく使って、片思いの痛みを和らげましょう

(2)恋愛が失敗してもあとに残る努力する

pexels-photo-318379

まずは、恋愛をうまくいかせるための努力をしてください。そのとき、恋に失敗してもうまくあとに繋がるような努力をすると、前向きな気持ちになれる分、心の痛みも減ります。

切なさの理由のひとつは「明るい未来が見えづらいこと」。なので、明るい未来を作る努力をすれば自然と前向きになり、好きになってもらえる可能性を感じることで切なさも軽減されるのです。また、たとえ失恋したとしても、あとに残る努力(キレイになるとかダイエットするとか)であれば、努力の成果は無駄になりませんよね。こんな気持ちを心の奥で持つことも、前向きになれる要素のひとつとなります。

(3)体を動かす

pexels-photo-196654

体を動かしている間はそのことに必死になるため、考える時間も減ります。考える時間が減るということは「恋について考える時間」も削られるということ。結果、切ない気持ちもある程度軽減するでしょう。

また、体を動かすことで心が前向きになると言われています。ランニングでもいいですし、家でこもりたい場合には「踏み台昇降運動(踏み台に乗ったり降りたりする運動)」などでもOK。とにかく体を動かして、頭を空っぽにしましょう。一度空っぽになると気持ちがリフレッシュされ、それだけで少し元気になりますよ。

(4)自分を好きになる

pexels-photo-289825

「好き」という一方通行な気持ちのために切ない気持ちが増します。相手が自分を好きでないかもしれない、という切なさに一定の歯止めをかけてくれるのが「自分が自分のことを好きであること」。つまり、「自分が自分に向ける愛」です。たとえ「自分⇒自分」に対する“好き”であっても、愛情が自分に対して向けられることには変わりありません。ときには自分を肯定し、心を安定させましょう。

次ページ:苦しい片思いを忘れるには?

SHARE