お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ダイエット中の昼食は、何を選べばいいの?

中村美穂

ダイエット中の昼食の選び方

ダイエット中に昼食を取るとき、何のメニューを選ぶかによって、ダイエット効果は変わるもの。どのようなメニューを選ぶといいのでしょうか?

理想の昼食メニューって?

まずは、ダイエット中の「理想的な昼食メニュー」を見ていきましょう。

【外食・お弁当】やっぱり「一汁三菜」がベスト!

sawa_saikyouteisyoku_tp_v

昼食は、和食だと「一汁三菜定食」のような、品目が多いものがおすすめです。たとえば、雑穀ごはん・みそ汁・焼魚やお刺身・根菜の煮物・ほうれん草のお浸しなど、「一汁三菜」を守った和食メニューなら、ごはんのほかに、みそ汁や副菜で、野菜・豆腐・わかめ・コレステロールを下げる効果もある魚の脂肪も摂取することができます。品目が多いと噛む回数も増え、見た目で満腹感も得られるので、カロリーが控えめでもお腹いっぱいになれます。和食以外にも、韓国料理やタイ料理など、野菜を多く食べられる料理がおすすめ。「炭水化物・脂質控えめ・タンパク質・野菜たっぷり」を心がけましょう。

【コンビニ】炭水化物に「おかず」をプラス!

grilled-1631727_640

コンビニのランチメニューは、おにぎりやパン、麺などの炭水化物だけでなく、おかずも選びましょう。肉や魚、卵などのタンパク質が多い食品や、野菜・ヨーグルト・チーズなどを合わせて、バランスのいい食事を心がけてみてください。

昼食メニューを選ぶときの注意点は?

それでは続いて、昼食メニューを選ぶときに注意するポイントをご紹介します。

「どんぶりもの」「一品メニュー」「ファストフード」は注意!

ppp_tamagotooyakodon_tp_v

ランチメニューには、「どんぶりもの」や「一品メニュー」が多くありますが、炭水化物や脂質が多くなり、カロリーも高めで、栄養バランスも偏りがちに。「ファストフード」も、簡単に食べられますが高カロリーになるので、注意が必要です。

炭水化物を制限しすぎるのは危険!

gohan151214238662_tp_v

炭水化物を制限するダイエットを過度に行うと、集中力が低下して疲れがたまり、仕事に支障が出ることも。朝・昼はきちんと炭水化物を摂取しながら、適度な運動をすることと、糖質の代謝を促すビタミンB₁(※)をとることを心がけましょう。パンを食べるときは、バケットやライ麦パンなど、かたくてよく噛んで食べられるパンがおすすめです。
※ビタミンB₁の多い食品は、豚肉・そば・かつお・鮭・枝豆・アスパラガスなど

「サラダ」は高カロリーでないかをチェック!

xf0025054726w

サラダはヘルシーなイメージがありますが、脂肪の多いハムやマヨネーズを使ったサラダや、糖質の多いポテトやマカロニを使ったサラダ、砂糖が入ったドレッシングのサラダは、カロリーが意外に高いことも。なるべく葉野菜が多いサラダや、和風醤油ドレッシングのサラダを選ぶようにしましょう。

次ページ:昼食を食べるときのコツとは

SHARE