お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 メイク

セクシーになりたい! 色気を演出する簡単メイクのポイント&方法

MANAMI

かわいくないから、太っているから……など、容姿のせいにして自分はセクシーになれるはずがないと諦めていませんか? しかしメイクを変えるだけで、誰でも色気を手に入れることができるんです! 今回は色気を作る簡単メイクのポイントと方法について、メイクアップアーティスト・MANAMIさんに教えてもらいました。

リップを塗る女性

■たった5つ! 色気を演出するメイクのポイント

色っぽいな~と思う女性のメイクは、そうでない人とどこがちがうのでしょうか? メイクアップアーティスト・MANAMIさんに、色気を作るメイクのポイントについて教えてもらいました。

化粧をする女性

◇(1)ベースメイクは断然“生肌”仕様

男性が好きなのは「メイクが上手な女性」ではなく、自分だけに「素」を見せてくれる女性です。とはいえすっぴんがセクシーに見える女性はとても少数。そこで、素肌のように見えるけれど“欠点”はしっかりカバー、かつアップにも耐える、崩れにくいベースメイクを目指しましょう。

◇(2)眉毛は少し細めにして“色気とエレガントさ”を

現在は空前の太眉ブームと言われていて、オフィスなどでも好感度が高いのはやはり太め。しかし色気を演出するなら、少しだけ細くてアーチのかかった眉のほうが、グッと女性らしさが増します。アーチは少しだけあいまいさを残すことがポイント。しっかり描いてしまうとバブリーになってしまうので注意しましょう。

◇(3)赤み系アイメイクが効果的

トレンドのひとつ「赤みシャドウ」はぜひ取り入れましょう。目周りの赤みは、上気した顔をイメージさせ、男性にセクシーな印象を与えるからです。しかし、ハッキリしすぎる赤を使ったり、入れ方を間違えると幼稚に見えてしまうこともあるため、やりすぎない「ナチュラルメイク」の範疇にとどめることが大切です。

◇(4)唇はパールを使わずに

「セクシー=ぽってりとした唇=グロス」という図式は定着したようですが、ここ数年は粘膜リップと言って、「素の唇が美しい」と思わせるメイクが来ています。すごく濃い色や、パール・ラメでギラギラキラキラしたものではなく、ツヤ感だけをプラスしてくれるグロス、バーム、美容液を使いましょう

◇(5)チークは肌よりダークなクリームタイプ

チークは、オレンジやピンクといったわかりやすい色を使ってしまうと、視線がそこに集まってしまいます。あくまでも色気メイクのポイントは「素肌」のように見せることなので、チークは肌なじみがよく、立体感と自然なツヤを与えてくれるクリームチークをチョイスしましょう。ぼかしの失敗も少ないですよ。

次ページ:グッと色っぽく見せるメイク方法

お役立ち情報[PR]