お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 スキンケア

【医師監修】正しいニキビの治し方って? ニキビの種類と原因

宇井千穂

スキンケアをがんばっているのに、なぜかニキビができる……このようなニキビの悩みを持つ女性は少なくないのではないでしょうか? そこで今回は、ニキビの種類や原因、正しい治し方について、皮膚科医の宇井千穂先生に解説してもらいました。

af9920067822w

■大人ニキビと思春期ニキビのちがい

思春期のニキビは、成長時に必要なホルモンの分泌により、皮脂腺の機能が強まり、皮脂が過剰に作り出されて毛穴が詰まることでできます。思春期の場合、毛穴が完全に発達しきっていないため、小さい毛穴に過剰な皮脂がたくさん詰まることが原因です。

一方、毛穴が発達し終わった大人のニキビは、皮脂腺機能を強める男性ホルモンの分泌により、皮脂が過剰に作られてしまうことでできます。これは、ホルモンバランスが崩れて、女性ホルモンより男性ホルモンが優位になることが原因です。また、肌のターンオーバーが遅くなったり、肌の手入れを怠ることで、皮膚が乾燥し、角質が厚くなったり、バリア機能が低下することで、より悪化します。そのため、毛穴の角化が進んでしまい、毛穴が閉じられてしまう状態に。さらに、閉じられた毛穴にアクネ菌が増殖することで、炎症ニキビへと悪化してしまうのです。

次ページ:【症状別】ニキビの種類と原因

お役立ち情報[PR]