お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

アトピーのかゆみの原因とは? 専門医が教えるかゆみ対策8つ

福永麻紀

ストレスや悩みの原因となる、アトピーの症状。なかでも特に辛いのが、我慢できない「かゆみ」ですよね。そんな、かゆみの症状が出る原因とは? 今回は北青山Dクリニックの皮膚科専門医である福永麻紀先生に、アトピーのかゆみを抑える対策を教えてもらいました。

rf39235581_o

アトピー性皮膚炎ってどんな病気?

そもそもアトピー性皮膚炎とは、どんな病気なの? まずは、アトピーの具体的な症状やかゆみが発生しやすい部位について聞きました。

アトピーの具体的な症状とは?

rf48582190_o

アトピー性皮膚炎は、全身のさまざまな部分に「かゆみ」が出るのが特徴です。アトピーの方の皮膚は皮脂が少ないため、表層にある角質の水分を保つ力が弱く、乾燥肌になりがち。そのためバリア機能も低下し、外部からの刺激に弱いため、かゆくなってしまうのです。かくことで湿疹ができ、それを繰り返してしまうことがアトピーの特徴です。

かゆみが発生しやすい部位とは?

rf58523053_o

年齢によっても変わりますが、たとえば小学生くらいなら肘の内側や膝の裏側、首などの擦れやすい部分にかゆみが発生しやすくなります。それが大人になって再発する場合は、顔や首、背中、胸など手の届きやすい部分に出る方が多いですね。顔の場合は、髪の毛や日光による刺激を受けやすいことが要因のひとつ。首や上半身は、衣類による刺激です。人によっては、シャツの襟や、背中のタグ、ブラジャーなど、ちょっとした衣類の摩擦や刺激によって、かゆみが起こる場合もあるのです。

次ページ:アトピーのかゆみの原因とは?

お役立ち情報[PR]