お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 スキンケア

ニキビが痛む原因と早く治すコツ

松島桃子

01

ニキビができて痛むときってありますよね。気になってつい触ってしまう人もいるかもしれませんが、雑菌が入る原因になるともいわれています。どうすればニキビの痛みを早く治すことができるのでしょうか。ニキビが痛む原因や治し方について、美容皮膚科医の松島桃子先生に教えていただきました。

ニキビが痛む原因

02

ニキビの中には痛みがないものもありますが、ニキビが痛くなる原因は何なのでしょうか。松島先生に聞いてみました。

ニキビが痛む原因は「炎症」

結論からいうと、ニキビが痛くなる原因は「炎症」によるものです。血液中に存在する免疫担当細胞である白血球が、ニキビの原因であるアクネ菌と闘うことによって痛みが生じるのです。この炎症を起こしているニキビは「赤ニキビ」と呼ばれ、文字どおり赤くなります。

そもそも、ニキビは毛穴に皮脂が詰まることによって発生します。詰まった皮脂が空気中や体内の活性酸素によって酸化され、皮膚に有害な過酸化脂質になることで、毛穴に炎症が生じます。さらに過酸化脂質を栄養源として、毛穴内部にアクネ菌などのニキビ原因菌が繁殖すると、毛穴の炎症は激しくなります。つまり、触ると痛い赤ニキビは、この段階にあるのです。

次ページ:ニキビが痛むときの対処法

お役立ち情報[PR]