お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 片思い

「恋に恋する」って? 本当の恋ができない女性の特徴

小日向るり子

恋に恋するばかりで、なかなか本当の恋ができない女性もいますよね。そもそも「恋に恋する」とはどういう意味で、恋に恋する女性にはどのような特徴があるのでしょうか? 心理カウンセラーの小日向るり子さんに、「恋に恋する」女性の特徴と、本当の恋をする方法を聞いてみました。

ハート

■心理カウンセラーが「恋に恋する」女性心理を解説!

まずは小日向るり子さんに、「恋に恋する」女性心理を解説してもらいましょう。

◇そもそも「恋に恋する」ってどういう意味?

キスマーク

恋や恋愛は相手がいるからこそ成立するものなのですが、それがわかっておらず、すべて自分の中で完結している心理状態が「恋に恋する」状態です。関心のベクトルが「好きな相手」ではなく、「恋をしている自分」に向いています。なぜ関心のベクトルが自分に向いているのかというと、恋や恋愛が自分の人生において「幸せの絶対条件」になっているからです。恋愛をすれば幸せになれると思っている、さらに言うと恋をしていなければ不幸である、と考えている場合もあります。そのために、常に「恋をしている状態」になろうと行動します。

このようなタイプは、「あなたにとって幸せとは何ですか?」と聞かれたとき、「彼氏」「恋」「恋愛」「結婚」といった単語で回答します。一方、恋に恋する状態を卒業した女性に同じ質問をすると、「いい恋愛をする」「誠実な人との結婚」など、恋愛や結婚という単語の前に、どのような状態で恋愛したいのか、結婚したいのか、という言葉が入るようになります。

◇「恋に恋する」ことの危険性は?

ケンカ

恋や恋愛って、楽しいことばかりではありませんよね。しかし、恋に恋してしまうと「恋をしている状態」だけを求めるので、そこに至るまでの感情の過程はどうでもいいと思いがち。また、恋愛がはじまってからも、自分が幸せな状態ばかりを追い求めてしまうため、実際に苦しい状況にぶつかったときに乗り越えていけません。

そうするとどうなるかというと、その恋を放り出して次の人を求めたくなるので、相手がころころと変わることになります。しかし、対人関係の変化や新しく恋をはじめることはパワーを必要とする行為。短期間で繰り返していると、精神的に疲弊していきます。

恋に恋することは、一時的な楽しさは得ることができても、このような危険性も秘めているようです。このような状態にならないために、続いて「恋に恋する状態に陥りやすい女性」の特徴を見てみましょう。

お役立ち情報[PR]