お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

年下彼氏がかわいい! 年下彼氏との上手な付き合い方8選

織田隼人(心理コーディネーター)

年下彼氏と付き合うデメリット

悩む女性

(1)結婚がしづらい

男性より女性のほうが、結婚を焦る傾向があります。というのも、男性と女性とでは子どもを作ることができる期限がちがうからです(統計上または医学上、女性は35歳以上で高齢出産と分類される)。そのため、男性のほうが結婚に焦らない傾向があり、さらに年下となると結婚に対する意識が薄いことが多く、結婚しづらいケースが多いと言えます。

思いやりのある男性の場合は、女性の年齢を考慮して結婚を考えますが、そうでない男性の場合は、「俺はまだ結婚したくないし、結婚は先でいいや」となるケースが多いのです。

(2)「女性は若いほうがいい……」と不安になりやすい

どうしても彼と同年代の女性や彼より年下の女性と自分を見比べてしまうので、そこから不安になることもあります。「やっぱり女性は若いほうがいいのかなぁ」と不安になると、その不安はなかなか消すことができなくなってしまうことも。

若い女性と競うことで気持ちも若返るというメリットの裏返しとして、若い女性と競わなければならない宿命を背負うことで、不安がつきまとうというデメリットが出てしまうのです。

(3)負担が増えやすい

デートでは割り勘になったり、奢るほうにまわったりするなど、金銭的な負担が増えることが多いです。

年下彼女の場合は奢られやすいですが、年上彼女の場合は割り勘だったり、女性から奢ることが増えてしまいやすいので、金銭的に負担が増えやすいです。

また、金銭面以外にも負担が発生しやすいもの。彼が甘えん坊の場合には、デートプラン作りを女性がしなければならなかったり、2人の決めごとなどでも女性のほうが主導権を持ってやらなければならないということが出てきて、労力や心の負担も増えやすくなりがちです。

次ページ:年下彼氏との上手な付き合い方・8つ

お役立ち情報[PR]